スマホ完結キャッシング

キャッシングは危険?一般的イメージで事実危険な業者も多いので安心重視で「お金の匠ちゃん」が皆さんに変わってスマホからも借りれてなお且つ国内でTOPレベルの大手キャッシング会社をまとめました。

即日融資のキャッシングをスマホで徹底比較!

はっきり言ってキャッシング 即日を求めているのにゆっくり考えてください。 とかいうのは「お金の匠ちゃん」的に言うとおせっかいなおばちゃんだと 思うのね。でも確かに借りちゃまず人もいるのは事実なのでなんもわからないよ という人は「総量規制」という言葉覚えましょう。

消費税が5%から8%10%って変わるかも、変わったのと同じように この総量規制もルールが変更されるってこともあるんですけど一番重要なのが 年収の3分の1以上は貸しちゃだめですよ。というのが「総量規制」と覚えといて 損はないでしょう。他にも沢山あるわけですが、これが適用されているのが 所謂、消費者金融という業者さんです。制限かかるから安心できると思うので 良いと思いますし、だいたい即日融資に対応してくれています。 物事には例外はあって、その総量規制は賃金業法の元の法律なのですが 銀行はそれとは別の法律、銀行法の元でキャッシングを提供しています。

なので一言でいうとおっきいお金がちゃんと訳あって必要な人は銀行。 急いでいる人は消費者金融というのが結構分かりやすいかなと。 ※ただ銀行も即日で借りれたりもするんであくまでも目安で。 で、ちょっと難しいと思うので一覧表を作っておきました。

サービス名 総量規制対象外
(銀行法)
即日融資
※条件がある場合あり
限度額 収入証明書が必要な額
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 500万 100万円超の利用限度額を希望の場合
三井住友銀行 カードローン 最高800万 極度額300万円迄不要
みずほ銀行カードローン 最大極度額
1,000万円
極度額200万円迄不要
新生銀行カードローン レイク 500万 契約額100万円超の時必要
アイフル 500万 ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合
アコム 500万 50万円以上

さて、この比較表みてレッスン1といきましょうか。 10万借りたい場合どっち選ぶ?アコム?銀行? はいこれはどっちでもええで!って話。

さっきの話で注目して欲しいのは500万借りる場合どっち選ぶ? って質問なわけ。答えは多くの人がみずほ銀行を選ぶべき。 単純計算で消費者金融から500万借りるのって年収1500万必要になるからそういうことね。

わかりましたか?だから表を見る時に必要なのは自分がいくら借りて 年収どのくらいだからこっちがいい。っていう判断、計算をしなければいけないということです。

複雑に細かいこと言っても意味ないのでこのくらいの表がたぶん一番 分かりやすいんじゃないかなと思いますマジで。

予めカード発行をするなら審査時間は気にするな

一応項目に即日融資で「○」「‐」というチェックをしてみましたが これはあくまでも新規発行ベースで出来るかどうかの話。

上の会社であればカードが手元にあるならATMに不自由する会社はない と思います。(島とかは見つからないかもだけど)銀行振り込みとかもまず困らないでしょう。

休み前とか1カ月後の連休とか年末に合わせ、使う可能性があるから 発行しておくというのが一番健全ではあるかなと匠ちゃんは思います。

書類とかは?来店不要なんて気にしなくていい?

匠ちゃんの授業を受けにくる20歳以上の学生や社会人はまあ なんだかんだいって即日融資を希望してると思うの。 冒頭でもいったとおり、スマホ可の業者を集めたわけだけど 最近では皆スマホは意識していてないほうが少ないと思われがち?でも 当たり前の様に見えて、完全対応してきたのはここ数年の話。だってそもそも スマホがなかったんだから当然。来店不要かどうかは時間とか業者によっても変わっては来るけども、ネット、スマホで申し込んでおくことに越したことはない。

受け取りしなければいけない場合もそのほうが楽だから。 必要書類の話もしていなかったけど、必要書類でほぼ共通してるのが免許証とかね。 免許証ある人はこれスマホのカメラで撮影したのを(文字とかブレに注意して)送ればOK。 ブレとかあって読みとれない(チェックするのは人間なので)場合もう一回撮り直してね

ってなった場合その分時間かかるからシッカリ撮りましょう。 後は、学生の人は、学生証とか、免許がない人は他の書類でもイケるけど、やっぱ免許は持っておいて損は無いからこの機会にどうでしょ。

jcbやvisaでキャッシングってどうなの?

クレジットカードのキャッシング枠も初回審査で気づかないうちに与信枠を与えられています。クレジットカードを使う人の目的はショッピング枠だけあればよいという方も多いですがいざという時にキャッシングを使いたい為にキャッシング枠に10万円の枠をそのままとっておくというのもありですね。

キャッシング枠はなんだか怖いのでという方は新規申込の時に「キャッシング不要」という類のチェックをつければ枠はゼロ円になります。申込後気になるならカード裏面のフリーダイヤルに電話するだけで枠をゼロにすることは可能です。カード会社もできればキャッシングは使ってもらったほうが利益になるので一度枠をなくしたり限度額を下げると、簡単にあげられなくなる可能性がありますが・・・ということを言ってくると気がありますが、よほどの事が無い限り限度額の引き上げなんかは簡単に出来るので気にする必要はないです。

国内なら楽天カードやエポスなどの提携関連カードが人気

クレジットカードは買い物が主流ですから、国内をベースに利用するなら目的に応じたクレジットカードを持っておいたほうが良いです。例えば人気なのはエポスカード。マルイとかで使えるやつですね。これなんかは普通に買物の時に割引だったりポイントが溜まりお得なのでキャッシングはおまけくらいに考えてカードを作ったほうが良いですよね。ネットショップとかだと楽天カードやアマゾンのリーダーズカードなどは使い勝手よいです。

国内で使うなら、やはりJCBやVISAのクレジットカードは利用頻度が高いショップなどでポイントを貯めるためとか、会員割引がきくとかそういう目的で持つのが一番ですね。

キャッシングを第一に作るのはちょっと辞めておいたほうが良い気がします。

キャッシングは割と早めにお金が必要なケースが多いので申込後カード発行までが遅い会社でも~5日くらいになると思います。クレジットカードは遅い。審査にだいぶ時間がかかるカードがあるので新規の方は特に。

当然ショッピングとしては便利なので目的を持って検討したほうがという話です。

海外キャッシングならやはりVISA

但し、海外でキャッシングをするならクレジットカードは必需品です。国内のキャッシング専門カードだと海外ではキャッシングできません。

海外でキャッシングするメリットは渡航先の国の治安にもよりますが現金を最小限にして歩くことが出来ることと、銀行で日本円から現地の通貨に交換するときの手数料よりも比較的安く済むのがメリットです。

キャッシングというと利子が付いてしまうから海外でやるのはちょっと・・・と思うかもしれませんが1週間くらいの旅行後、日本に帰ってきて返済するとかならはるかにお得。

それでやっぱり国際ブランドはどれを選ぶべきかというのは「VISA」が良いですね。正解かくちのATMはやっぱりVISAが多いので。

安心で安全なキャッシング業者ってどこ?を解決する情報を発信!

お金の匠ちゃんははじめての方が安全に申込を行う為にお金の使い方、体験談、雑学や見分け方等の情報発信が中心で既に借り過ぎの方等にはおせっかいな事も沢山書いてます。

日本のキャッシングはレベルが高い?甘えなければ安全に利用ができる

いかに日本の一流(大手100社くらい)が世界と比べて優れていて安全かを知るとキャッシングでの失敗が各自の甘えなのかが理解出るかと。実際お金絡みの事は極論金利ゼロでも自己管理が甘ければ「失敗」します。

キャッシングは賛否両論でも年間利用者数は毎年一定層います。2015年の主流は個人貸付単体で消費者金融の売り上げを抜いた銀行が熱くなってくきましたが時代の移り変わりを冷静に見るとキャッシングが健全なサービスに進化を遂げたと匠ちゃんは考えています。

利用者が数千万人になるとどんなサービスでも不満を漏らす人や使い方を間違ってしまう人様々でてきますが日本のキャッシングは世界の消費者金融のキャッシングサービスを知るにまとめた世界のキャッシングとの比較で妥当性があるだろうと思っていて、歴史という名の時間に揉まれながら小口融資のインフラとしては成熟してきたと捉えて良いのではないでしょうか。

事実1万円~のお金を用立てするのは今キャッシングがお金以外のリスクが無い一番方法でしょう。コラムで無理やりな方法の質屋や友人に物を売る等書いてますが、現実的ではなくルール上の金利を支払えばお金を借りれるのです。審査のスコアリングシステムや日々のサービス改善でが整ったサービス提供元の組織としての安全性も非常に高いかと。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談