生活費が足りない・家賃が払えないをアパートローンでは間違ってますよ!

「アパートローンを組もうと思ってるんだけど どこかいいところないかなー」
匠ちゃんがこんな質問をされたら、お、不動産投資でも始めるのですか?と聞き返します。しかし、とある友人はそうではなかったのです。
資金的にそんなに余裕がない人間だと思っていたのでちょっとびっくりしました。不動産投資か?すごいね。○○銀行なんかが低金利でいいのあると思うよ。と答えたのですが、
彼は「は?違うよ。アパートを借りるためにローンを組もうと思ってるのさ」と堂々と答えたのです。

実際アパートを借りる、賃貸の為にローンを組むためにアパートローン…。
場合によってはある…いやない。アパートの貸主は年収やお勤め先などを気にしますし、その中でアパートローンを組んでというのは、通常の借主よりも印象としては良くないですし、学生とかが親に保証人になってもらい借りることは普通かもですが大人が金借りて賃貸はまず審査通らないですね。同じ語句で受け手の解釈が異なるというのは良くあることですがまさかアパートローンをそういう解釈するなんてなんだか新鮮でした。
一応、銀行さんが提供している「アパートローン」ってどういう基準かなあと調べておきました。

某有名銀行さんのアパートローン概要ですが、ま、そりゃそうですね。御覧の通りリフォームとか購入とかが利用用途ですね。

一次的に生活費が足りないならフリーキャッシングという商品

もし生活費や家賃を借入で何とかする場合はフリーキャッシングですね。目的はさっきのアパートローンみたいに明確な提示はされず利用目的が自由ですので。

但し、イレギュラー的な出費でお金で解決をするならまだしも継続的に出ていく固定費、「家賃」をキャッシングでなんとかするのは現実的ではないといえます。

1億円財産があり10万円と、15万が全財産の10万円の価値はまったく違うもの。でも世の中的には価値は一緒で1億持っていようがいなかろうが他人から見たらどうでもいいことです。ここでいうどうでもいいはあくまでも1億というお金だけを見た場合の話。

他にキャッシングすべきじゃないでしょ!という類似ケース

キャッシングをしないほうがいいというか生活費が足りない理由が他にあるのでは ということを疑ったほうが良いかもしれないという話をします。 結構ちょっとがんばればなんとかなることをほっとく人は多いです。 お金の見直しは、生活の見直しにつながりますから以下の方は 一度借りる前に見直しを検討してくださいね。

ローンのしすぎで生活費が足りない

はい。これに関してはいうまでもなくアウトです! 生活費が高すぎはしませんか?今の家賃が身の丈にあっていないのでは? 仕事の給料に見合った生活を検討しましょう。 もしもローン地獄になってしまったという場合は残念ですが債務整理など 違った方向を見つめてみたほうが良いかもしれません。

今の給料では生活費が足りない

これも本当に生活費が足りないのでしょうか? 節約すれば何とかなるレベルなのでは?もしもどう考えても そうではないという場合は、がんばって給料あげましょうよ。 転職してみるとかも検討してもいいかもしれませんね。

主婦で夫から渡されていた生活費が少なすぎた

ご主人の給料との兼ね合いもあるかもしれませんし、亭主関白でなんとも という場合もあるかもしれません。 しかし、給料がきちんとあるのに少なすぎる生活費でそれを受け入れたまま 変にキャッシングをしてしまったら、それは返済に困りますよね? それはいけません。離婚の原因にだってなりかねませんし、そうなってくると ご主人「お前なにキャッシングなんてしてんだ!」 あなた「あなたが生活費少なくしているからよ!」 という泥沼な状況になってしまうことだって考えられます。 きちんとまずは話し合いましょう。

貯金を毎月10万円していたのだが生活費が足りない

本末転倒です。貯金は良いことですがそこ5万円にしてみませんか?
とケースをだらだらと書いてみましたが 似たような形で生活費が足りないとなってませんか? 生活費は継続的な出費で毎月同等の額が消費されるものです。 ですからローン・キャッシングにイレギュラーな出費で頼ることはありかもしれませんが 継続的に同等の額が出ていて根本的にその出費が収入を上回っていたりぎりぎりな場合は あまりおすすめはできないというのが正直なところです。 一度家計簿などなどの見直しを図ってみてはいかがでしょう。

滞納は退去命令くるから今の家賃だったらまだわかる

本文はまずあり得ない発想だと匠ちゃん的には思っていたのですが皆さんはどうでしょうか。まあアパートローンという商品名のやつは投資向けだから根本が間違っているという話であったのですが、家賃が払えないというケースは今住んでいる賃貸がという場合の方が多いと思います。

そういうケースであれば、匠ちゃん的にですが、キャッシングしてでも払うかなと。
ただ、借りる場合は1カ月後2カ月後に見込みがある時はに限定するかな。給与面で良い条件を貰えたとか、何らかな理由でバイトを休みすぎてしまってたまたま払えないだけで今は普通に働くことが出来ているとかなら限定の話かなと。
特に20前半の若い方で実家に帰るという選択肢が残されているのなら一旦、実家に帰り仕事なり次の人生を考えたほうが生産的だと思います。キャッシングで毎月の足りない家賃を払い続けるのは不可能ですので仕事がまずないと駄目というのは大前提ですね。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談