1000円から借りれるキャッシングで制限をかける

手軽が駄目?っていわれるとしたくなる。人間は誰しも反発する側面を持っていると思います。そんな事はどうでもいいのですが「手軽」だから「借り過ぎる」という論法はあながち間違いではありません。昨今キャッシング利用が辞められない方がいるのも事実です。多くの比較サイトや当サイトの様なキャッシング情報を配信しているサイトでキャッシングは利便性が高いから日本だけでなく世界でもこれほどまでに存在するという話は何度かさせていただきましたがこれは言葉の受け取り方によってはまったくもって別物になるので注意が必要です。

「手軽」と「早い」は別物なのではないだろうか

便利だから手軽(簡単に)にキャッシングできてしまうというのも事実ですがキャッシングも人生も自己責任でなどでなんども行っている通りキャッシングは使い方を間違えるといけません。

言葉の受け取り方次第ですが、手軽というと例えば手軽に○○できるからするという目的なしの、つまり簡単だからキャッシングするという方向になりかねないのではないかと管理人は最近感じました。細かいと言えばそうなのですが、良い方が悪いですがキャッシングをしようとしている人の属性の中で収入がそれほど多くない人はここを注意してほしいかなと思います。

最終的にいえるのは目的があり返す当てがきちんとあるならば各自の自由にはなってきますのでうるさい内容の話かもしれませんがもしも今意味もなくキャッシングをしている場合は一度辞めてみても良いのではないかと思います。

1000円単位で借入OKなキャッシングで必要最小限に抑える努力

制限を設けるというのはつらい目標を達成するときに利用される手段の一つです。ダイエットやフィットネス等もセルフでやるよりもトレーナーやアドバイザーがついて食事制限、レシピなどを教えてもらったほうがうまくいく確率は上がるでしょう。「お金管理」という面ではFPとかプロはいますが、そもそもキャッシングはするな!という話で終わりますので残念ながらキャッシングで借入制限のサポートをしてくれるサービスはない。と言えます。あったとしても使う意味はない気もしますが。但し、「制限」という意味で1,000円から借りれるキャッシングサービスはある意味ありなんでは?

借り入れ単位が大きくなると、それだけ利息の負担も大きくなるものです。 キャッシングの上手な利用はいかに細かく借り入れ、負担を少なくするかもポイントです。 その点で1000円単位で借入できる点は魅力です。

お金ってあればある程使っちゃいますが、1000円単位の借入であれば、年利18%でも負担は軽く、また使い過ぎを避けることにもつながります。というのは大袈裟かもしれないですが1万円じゃなく3千円しか必要ないのに1万円借りるよりも必要な額だけ借りるほうが健全ですよねという意味です。なので大袈裟じゃないですね。個毎回かもしれませんが計画的にキャッシングを利用できる面でメリットがあるのが1000円単位です。必要な額を、必要な時に上手にキャッシングできる点で1000円刻みの利用は利点があるのです。

実際のところ多くの消費者金融、キャッシングサービスが1万円単位での 貸付になります。この1000円単位でキャッシング可能な会社は大手の消費者金融会社だけでなく、銀行のカードローンでも実施しているところはしています。当サイトでサービスとして1000円単位でも借入可能な業者さんはアイフルであれば借入可能です。

例えばクレジットなどのカードを発行し、リボルビング方式による返済方法を採用している会社にみられるものです。この繰り返し利用できる点はリボ方式の良さでもあるのですが、その利用頻度が多くなると、途上与信で引っ掛かることがあるので注意が必要です。 1000円ごとの利用でも、利用回数が途上与信の審査の対象となることがあるのです。 また、コンビニや地方銀行のATMなどでもキャッシングできるところが増えていますが、手数料の発生とその額にも注意が必要です。1000円刻みで手数料が掛かっては、利用金額の比でみれば大きな負担です。その点でコンビニATMなど提携数の多さはもちろんのこと、どのATMの利用で手数料が発生するのか、キャッシングの利用を申し込む際に確認しておくこともポイントです。

制限をかけたいなら上限金額を下げておく

法的に決められた上限は人によってはキャパ的に無理している場合もあるので1000円に限らず上限の借入を設定しておくのは良いことだと思います。

上限50万円の枠を与えられると、心理的に使っても良いと勘違いしてしまうので意思が弱い人は借入先の業者に電話で上限を20万なりにしてもらうことが得策かと。

電話の際、たぶん言われるのが、下げるのは簡単に出来ますが、上げるとき審査が必要な場合も…なんて駆け引きに似たことを言われるかもしれませんがそこは流されないようにしましょう。普通に上限増やすのって一回枠が出てるならそんなに難しい事ではないと思うので。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談