銀行系もフリーキャッシングあるよ!って話

キャッシング、カードローン、消費者金融…etc、呼び名が色々あってめんどくさいんだけど何が違うの?

大カテゴリは借入の仲間ですがカードローンは銀行系というイメージが強くサービスの差を説明するなら総量規制対象か対象外のローンかといったくらいです。いや最近は消費者金融もカードローンという言い方をしているので呼び名だけで差をつけるのは難しいかも?

前置きが長くなったんですが、たまに「フリーローン」「フリーキャッシング」という言葉を見かけることってありませんか?実は友人からこのフリーってなに?と聞かれましたので解説してみたいと思います。

フリーキャッシングは名前の通り自由?

結論、フリーキャッシングは使い道が自由に使えるキャッシング。「え?なんでじゃあ普通のキャッシングは使い道が自由じゃないのかい?」これ良い質問ですね~。
基本的にキャッシング会社もカードローンも専用のサイトに“使い道は自由です”といった表記があるのでほぼほぼの商品がフリーキャッシングということになりますね。この言葉もどこかで生まれた言葉ですから厳密に定義はないのかと思われます。

個人としての使い道オンリー!フリーじゃないキャッシングはどんなの?

例えば個人として借入をしたのにそれを自分が経営している会社の為に使うなどの事業性の資金に関しては使用用途としては不可としているところが多く過去銀行の貸し渋りにより消費者金融に手を出して。。。という過去の背景もあるので事業をしている人は消費者金融系から資金を借りるのはあまりよくないですね。数万数十万で済む話ではない焼け石に水と思いますのできちんとビジネス系の融資を探して検討しましょう。

会社のというキーワードがでてきましたが何かに特化したキャッシングというのが存在します。車ローン、太陽光ローン、経営者用ローン、住宅ローンなどなど、お金を貸す側がそれ専用に用意しているのでやはり使用用途はそれに使うべき。逆にコレ以外はフリーローンと言えます。

専用とフリーキャッシングの金利の差はあるのか

極端にいうと学生ローンなど知名度が低い場合、大手のフリーキャッシングのほうが低かったり「専門」「特化」という言葉はそれだけでお得感が出る感じがしますが惑わされず初めての方はシビアに金利比較等で選ぶべきかと思います。

金利で探すなら銀行系フリーキャッシングのランキング

どの銀行系フリーキャッシングがいいかというのは安心の銀行系カードローン人気ランキングで案内しているとおり口座をもっているかどうか等人によって変わってくるのが現状です。

下限金利で選ぶなら確実に銀行系が消費者金融よりも低いです。社名を伏せて比較すると下限金利が銀行系だと3.0%で消費者金融が4.0%代の表示をしているので差があまりないように見えますが実は下限金利で選ぶよりも大半の人にとっては上限金利で選んだほうが得するケースが多いです。

結局審査が入りフリーキャッシングするときの上限金額と金利をそれぞれ設定されるのですが、ギリギリ審査にとおった場合は表記されている上限の数字が適用されるのが常。

銀行系のフリーキャッシングで上限に設定されるのと消費者金融の上限金利どちらが得なのかはぱっと見だけでも差がわかると思います。

銀行借入は個人だってできる!銀行のフリーローンもしっておこう

銀行の借入というと企業が資金調達をする為の言葉のように聞こえますね。審査はどうなの?メリットってあるの?という 意外と素朴な疑問が出てくる人は感覚的に銀行系をフリーローンと捉えていない方かもしれません。

銀行借入(個人向け)のメリットを知る

個人向け銀行カードローンのメリットとしては所謂消費者金融系のフリーキャッシングと 同様に利用用途が自由という点。事業性資金はNGというのが基本で、個人として利用するのであれば基本的にこういう使い方だから借り入れができないのではないか?ということはありません。金利に関しては上限金利も14.6%とか消費者金融系よりも明らかに低いことが分かるかと思います。上限の金利に関しては借入額が大きいのでそれに比例して低くなっているのもわかるかと思います。総量規制の兼ね合いがありますので数百万単位で借入するときは銀行借借入でないと目的の金額を借りることができないというのもあります。

銀行カードローンはイメージの問題で審査が厳しすぎると考えている人(誤解)がかなり多い気がします。法人向けというイメージが強いからなのではないかなと思いまして今回一度まとめてみたのですが、品質はキャッシングサービスの括りとしては、銀行は本当にレベルが高いので最初から諦めないで審査してみたほうが良いかなと思います。

目的が即日という場合はお申込みから即日融資可能なところは少ないので消費者金融が確実かもしれませんが、具体的なデメリットはあるのか?という問いに対して融資までの時間などを省いて小口系のキャッシングと比較して劣るところが見当たりません。

「用途自由」を拡大&誤解釈しないでね・・・

念のためいいますけど、最近の「フリーダム」って言葉はとても危険で、自由だからと言ってなんでもOKと誤解釈してはいけません。本文で書いたのは、消費者金融だけじゃなくて銀行系のフリーキャッシングはあるので検討する時に銀行も入れたらどうという話で、そもそもがキャッシング負適合者ッていると思うわけです。(すげー失礼な言い方ですけどね)

どういう人が負適合者かってのはここでは言及しませんが、「自由」という言葉をはき違えないでということだけです。

フリーキャッシングの目的自由というのは分類わけとしては「事業じゃない個人」で、個人でも一番障壁の低い借入れと捉えてもらえればOKかと思います。

あとで、俺、自由って言葉に騙されて借り過ぎちゃったよ。。借金したのはフリーとか言ってた人達のせいあるよなんていっても誰もあなたの味方をしてくれません。

※上から目線で済みません一応念のためって感じです。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談