お金にルーズとは?お金と人間関係とキャッシング

テレビや新聞、雑誌等でキャッシングは世間的に悪いものと捉えられていることが多く白黒はっきりするならいいものではないと言えます。友人、恋人、家族などの人間関係はできる限り時にぶつかったとしても良い関係でいたいというのが人の常。人間関係の崩れといいますか険悪になってしまったというケースで話題に多く上がるのが「お金」。「人はお金じゃない」当然そうですが貸したお金を返さないとか人間性を疑われ距離を置かれてしまうのも仕方のないことでしょう。

友人間とかの貸し借りの話
例えばキャッシングをするときに結構このあたりを考える方もいるかと思います。キャッシングをした時点でお金にルーズな人間に見られてしまうのか?キャッシングや小口融資、その他のローンなどを統計でみるとおおざっぱに10人に1人は利用経験があり、まあ統計だけですと、人間の心までは読み解くことはできませんので一般論ですが、お金は借りた後きちんと返せば全然ルーズではないと思います。ルーズな方は「返せない理由を作る」ような方だと思います。

キャッシングをしているからルーズというイメージを持っている方はお金をきちんと返さないと決めつけている傾向がある様に思います。必要だからするわけであって、必要でするのであればまず人間として良い悪いとかそういう話はちょっと筋違いなのかなと思います。きちんと返済をしていれば別にルーズではないと言えるかと思います。めちゃくちゃ当たり前なんですが、出来事だけを冷静に分解するとそうなので仕方がない。ただ、キャッシングしているだけでマジあいつ糞と思う人も一定数いるので黙っておくことに越したことはないかなと思います。変にうわさが広まると疑心暗鬼になり人間関係ボロボロ。。。になったら何のために悩んでいるかわからなくなると思うので。

お金と人間関係とキャッシング

お金は人生においてとても重要なものです。人によってはお金がすべてという方もいますし少しだけあればいいとか、生活最低限であればいいという考えの方まで人それぞれでしょう。現代社会の仕組み(経済合理性で動く社会)では、お金は生きてく上でなくてはならない存在かと思います。次は人間関係とお金について考えてみたいと思います。お金を借りて人間関係が崩れるパターンは体験談でもお金はギャンブルなどでキャッシングした方はほとんどの確率で後悔をしている方が多いです。

匠ちゃん的にもギャンブルの為にキャッシングなどはしてはいけない派です。次に注意したいのが、知人から借りて「人間関係が崩れてしまう事」。友人知人から借りてお金を返さないなんてありえないと思いますが先ほどの例えばギャンブルとか、どうでもいい個人的都合でお金を借り返さないなんてやってはいけないことかと。

匠ちゃん、実は昔知人に50万円くらいを貸した経験があり、ホント困っていて事業継続のためにどうしても。。。と懇願され、なけなしの貯金をその人に貸しました。その人は念書も書いて、免許書もコピーして渡してきました。勿論利子なんて一銭ももらう気はありません。

それで、後から聞いた話ですが、その知人はギャンブルに少しお金を使ったことを知りました。。。貸したお金が返ってくるまでにだいぶ時間がかかりましたが、その話を聞いて管理人はいうまでもなくそのひとと縁を切りました。

借りる側はもしかすると麻痺していてなぜ?と思うかもしれませんがやはり貸す側は本当に不安になります。金の切れ目は縁の切れ目ということを管理人は実感しましたね。逆にお金を借りて人間関係を保つこともある?なんどか当サイトでも紹介していますが、キャッシングの理由で冠婚葬祭ですとか、何か明日、今日中に必要な場合がある。当然、無駄なことではなく、人間的に今後付き合っていきたい人たちとの何かがある時にキャッシングをする方は意外といます。

こういった場合はなんども言う通りですがキャッシングはありだと思います。勿論無理していく必要のない席であればキャッシングする必要もありませんが、親友や近い親せきの結婚式をお金がないという理由でキャンセルというのはやはりよくはないでしょう。そもそも論をいうとそういったお祝い事などってちょっとお金がかかりすぎるんですよね(笑)そこなんとかなんないんでしょうか。。というのが管理人的には本音だったりはしますが。。。

まとめ
結局はお金は使い方だと思います。当然、人からやキャッシング等々で借りるというのはないほうが良いに決まっていますが、その理由によっては人間関係、人生の方向がだいぶ変わってきてしまうのも事実です。 どうぞ間違った借り方は避けて下さいね。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談