キャッシングの無人契約機登場からWEB完結サービスができる迄

インターネット経由+無人契約機のおかげで今では即日で、キャッシング会社のサービスを探しネットで申込みをして無人契約機で受け取るというのは一般的になってきました。

一応流れがわからない方もいるかと思いますので 一般的な流れ
  1. まずインターネットからキャッシング会社のサービスをお申し込みをします。
  2. そのキャッシングサービスのお近くの無人契約機まで行きます。
  3. カードを受け取ります!

ほとんどがこれだけ。無人といってもその向こう側には専任のオペレーターさんがいます。わからない ことはいろいろ聞いちゃいましょう。

関連:ネットキャッシングの審査とネットバンクの相性の良さ

一昔(20~30年)とか前の話では到底実現できないことで即日キャッシングは裏側に無駄のない高性能なシステムがあるからなせる技。
闇金や資本が少ない業者ではハイテクシステムを作ることはできない(たぶん資金的にも)ので大手だけが出来これにより表面的な24時間の対応ができたりするわけです。

日本全国にスタッフさんがお店に24時間常駐していた場合を考えてみるとどうでしょうか。
人件費が凄まじい額になると思います。※半分想像でしゃべっていますが、たぶんこれに関しては 間違いないと思われます。

金融系のサービスだと、努力なしに儲かっているといったイメージも持っている方は少なからずいると思いますがコストカットなどの努力をしないと所謂、手数料を無料とか期間30日間無利息だとかのサービスはきつくなってくるんではと思うのです。

無人契約機は借りる側にとっても気が楽というところも あると思います。狭い空間で他の人も目を気にせずカードを受け取れる というのはキャッシングする人にとって大きいのかなとも思います。
無人契約機は相当な発明品だとおもうのです。

WEB完結がキャッシングの運命を変えた?

キャッシングサービスは国の賃金業法の改定などと同時に色々な進化を遂げてきましたレイクの一定期間無利息などのサービスもキャッシングのサービスが競合よりもいいものを作らなければいけないという環境下の元生まれたかどうかはわかりませんが、そういったことも少なからず影響しているのだろうと思います。

そんな変化を遂げているわけですが、キャッシングの一番の変化、インパクトはWEBで完結するようになったからではないだろうかと管理人は思っています。

インターネットの登場、そしてスマホの登場

キャッシング自体はお金貸しですので人間にとってかなり身近な存在になっています。それは近代の歴史云々ではなく例えばですが質屋などもお金がない人が物を売りに行くといった発想のサービスだったりします。時代が変わり、キャッシングというものが登場し一般化していますがここ10年で印象も変わってきていると思います。

ネットの登場でなにが変わったのでしょうか?Web明細でキャッシングの利用状況をチェックなどの申込後のサービスが良くなったというのもそうですが、やはりお申込みがとても気軽に簡単にできるようになった。そして審査基準も
整備されたといえるかと思います。ネットの登場前は無人契約機、ATMがすごかったけどこれ以上のインパクトがネットにあった。元々の始まりは無人契約機のおかげですけど。

ここ最近はアベノミクスのおかげで景気が向上しつつあるように感じ(この記事書いてる2015年8月24日は日経平均暴落している?感じですが…)ますが、ここ数年前は消費者金融、キャッシングの事業自体は停滞気味だったそうです。にもかかわらずネット経由のお申込みは増えているとかいないとか。

手軽さゆえと、借りたい時にスマートフォンやノートパソコンからアクセスしお申込みができるという点がいいのでしょう。
運命を変えた。というとちょっと大げさなタイトルかもしれませんしキャッシング自体、嫌煙されるかたも多いので反面なくてもいいと思う方もいると思いますが、サービスというのはある程度一定の顧客がいないと継続できないものだと思います。例えばそれが銀行などの資本がある機関でも赤字を垂れ流したまま継続はできないでしょう。極端ないいかたではありますが。。。キャッシングサービスにお申込みが増えるということはサービスが安定することだと思います。不安定なサービスは、どうしても消えていくか、ぎりぎりまで持ちこたえるかというところでしょう。そしてぎりぎりの場合はサービスの質も低くなるのが事実かと思います。例えば金利もぎりぎりまで取るとか。その反面しっかりと顧客を抱えることのできているサービスは先ほど言った通り、ネット明細などしっかりとしたサービスを提供できています。因果関係はなんどもいいますが論です。
なのでというわけではないんですが、やはり見渡すと、ネットで窓口をちゃんと設けている。勿論パソコンもスマートフォンもというキャッシングサービスは質を比べてみるとやはり高水準のところが多い気がするのです。

銀行系の無人契約機は人目が気になる方におすすめ

人目を過剰に気にする方いますが利便性という面ではどこの無人契約機でも良いのですが消費者金融系のキャッシングサービスが町のビルの中などに完全無人で借りれるところを用意しているイメージがあると思います。そこでちょっと気になるなという方はいませんか?何がかというと、その無人機に入ること自体がちょっと人目が気になるということです。これは細かいことを言えばという話で、実際に無人機なんかは例えばビルの3階にある場合とかは、そこに入ると断定はできないと思うので全然問題はないといえばそうですね。

でもちょっとなー。と思う方は、銀行系カードローンがお勧めかと思います。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンですから、銀行に入ってくところを知り合いに見られたとしてもキャッシングしにいったとは思われませんよね。という話です。勿論銀行内のそのキャッシングのところに入ったところを見られたくないとかになってくるとまああれなんですけども、一回銀行に言ってキャッシングの発行機を見てもらうといいと思います。意外とそこがカードローン、キャッシングの窓口なのかと思わない綺麗な感じになっているのであの人キャッシングしてるわよと思う方ってほんとほとんどいないんじゃないかなって思います。
あとはキャッシングというイメージよりもむしろ銀行のローンというところもあるのかなと思うのでその点考えてもいいかなと思います。

地方銀行はどうだろうか

意外と地方銀行のカードローン、キャッシングも悪くはないと思います。例えば人目を気にするという点で考えると、カード自体がローンカードっぽくないとかそういうのを気にする人も少ないかもしれませんがいるかと思います。
有名カードですと逆にローン・キャッシングのカードだとわかってしまうかもしれませんが意外と地方カードであれば銀行のキャッシュカードかと思われることもあるのかななんて思います。

カードの受け取りを窓口に行く時の話なので実際には一度お申込みしてしまってカードが手元にあれば、コンビニのATMとかでキャッシングできるので、人目を気にすることはほぼない話ではあるのですが返済するときなども利用する機会もあるかとは思いますので、こんな記事を書いてみました。参考になれば幸いです。

関連:キャッシングで失敗しないスマホ完結業者でお金を素早く借りる!

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談