銀行と消費者金融系のキャッシング一番の違いとは?

銀行系を知るにはまず消費者金融の事を知らなければわからないと思うので少々回りくどいですが比較する点や非銀行について解説していきます。

金利?即日?キャッシング比較のポイントはどこか

はじめてのキャッシングは本当に大丈夫なのだろうか?怖い人は出てこないだろうかと不安になることも多いでしょう。いざキャッシングするぞと決めた時比較するべきポイントがどこかがわからないということがあるかと思います。

実際にそういったお声も多々ありましたので備忘録としてまとめさせて頂きたいと思います。まずは大手か安心か等々で絞り込む当サイトのコンセプトでもある安心できる業者を絞り込みましょう。絞り込みが面倒という方は当サイトが既に厳選したキャッシング会社を紹介しているので参考にしてください。

目的から決めてみる

キャッシングをする時にサービスに求めることはなんですか?「即日融資」「金利」「年収3分の1以上の融資」「無利息」人それぞれですがそういった目的別の要望があるでしょう。条件ごとにご案内します。
即日融資
即日融資であれば基本的に当サイトで紹介しているキャッシングサービスであれば対応可能かと思うので迷う必要はないかと思います。(最短の場合)
金利で探す
金利の場合は借りる金額から考えましょう。どちらかというと金利が安いところ!と考える場合は大きめの金額を借りる場合に役立つかとおもいます。その場合下限金利が低いところがおすすめです。
年収3分の1以上の融資で探す
総量規制により年収の3分の1までしか借りれないというルールがありますがキャッシング、ローンサービスによっては総量規制対象外のものもあります。何かの大きめのお買物をする場合は以下の総量規制対象外のサービスを検討されると良いかとお思います。

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
みずほ銀行カードローン

無利息サービスを使ってみる
はじめての方で不安がある。小額の数万円をキャッシングしてみたいという方は無利息のサービスを行っているサービスが安心できるかと思います。
日数等々の条件はありますが無利息サービスですと以下がおすすめです。

アコム

これらは目的ベースなので、銀行と消費者金融はごちゃまぜに紹介しています。

ノンバンク系キャッシングとは?

ノンバンクとは Non Bankですから銀行でないという直訳になります。では銀行以外のものがノンバンクというとそうではなく一般的には銀行、信用金庫以外のものをノンバンクということが多いようです。
金融という面でみたり、銀行からの大口融資という面からみるとノンバンクという響きがしっくりくるような気もしますね。キャッシングというとすべてノンバンクなのか?という方も結構多いようですがどうでしょう。
では銀行系となにが違うのか?大きな違いをいうと総量規制の対象外商品に銀行系は多いという点などになるかと思いますが、信用度、信頼度、知名度などの点を見ると、大手のノンバンク系であれば正直引けを取らないレベルには
なっているでしょう。最近ですと審査の面でも最短即日で審査、融資などができる銀行系も登場してきています。

銀行系キャッシングは審査が厳しいは誤解?

銀行系もフリーキャッシングあるよ!って話では逆に銀行も消費者金融と同様のフリーキャッシングをやってるよという話をしましたが、審査が厳しいは本当に誤解に近いです。

銀行と言うとそもそも論としてお金を預けるのが本業

もちろんそうだとは思うのですが決算とかを見ると銀行はとんでもない利益を出していますね。融資は収益の大きく貢献しています。所謂、金融商品として銀行は預金の手数料、証券など色々ありますが、融資に関しては力を入れているというか、柱と言ってもいいのではないかと思います。※当たり前と言われそうですが知らない人向けに書いてますのであしからず。
簡単にいうと銀行さんが儲けたので口座に預けている人に還元してくれるというイメージですね。
銀行側も預金の金利を高くすることによって使う側がならもうちょっと預けてみようなどと言う考えになったり、まずないとは思いますが海外の銀行よりも高くなったら海外の資産家などが日本の銀行に預けてくるということもあるでしょう。(そこまでいくということはないと思いますが)

銀行は既に莫大な資金を持っているので預金なんか別にいいんじゃないのと一般人の管理人などからすると思えなくもないですが、まあそこは考えるところではなく、預金、融資この2つは資金をあつめて投資できるというよい循環になっているわけです。この記事のタイトルに上げました消費者金融との違いというのはこのあたり決定的に違うのかなと匠ちゃん的には思っています。なので所謂銀行系は低金利でキャッシングサービスが提供できているのでしょう。勿論消費者金融系にも良いところはあるので一概に銀行が絶対にというわけではないです。今回はそういう仕組みが銀行にあるのですねというお話でした。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談