新卒のキャッシングや若者のお金使い道について

いうべきことでもないかもしれませんが念のため。働いて稼いだお金とキャッシングで借りたお金は別物であるということを考えなければいけません。考え方やお金の使い道なんていうものは誰かが誰かに指図するのもどうかと思うのですがこれに関しては基本的な考え方はあっていると思います。

「お金は天下の回りもの」こういったことわざから世間一般ではどういった発想を得るでしょうか。おそらくですがこういった形で受け取る方が多いのでは?

「お金はめぐりめぐって帰ってくるものだから人のために使ったりしたほうがいいものだ」

現実的な経済的に考えてもやはりお金は個人が貯金をしないでどんどん消費したほうが結果的にみんなが潤うというのも正しい考え方ではあるでしょう。

お金は使ったほうが世のためににはなるんだけど、それは自分の稼いだお金であればと思うのです。とても当たり前かもしれませんが何が言いたいかというとキャッシングで得たお金は自分のお金ではないと考えるという考え方がいいのではないかと思います。例えばですが、20代のまだ前半の方であればリアルタイムなのでわかると思うのですが親御さんからもらったお金と自分自身で稼いだお金と言うのは感覚的に違うと思います。どうでしょうか。まあ一生懸命稼いだから大事に使おうというのも一理あるのですが、自分自身で稼いでいないお金を邪険に使ったり適当に何かに使うことってあんまりないと思います。

理想論?かもだけど金融緩和って結果的にキャッシングが必要のない社会へ?

色々なメディアで騒がれていますが、今はお金のまわり方が鈍化しているというのが不景気の最大の理由だと思います。理由は様々あると思います。

  • 高齢者の方がお金を使わない
  • 団塊の世代の能力のある方が仕事を辞めない
  • 若者に仕事がない
  • 若者がお金を使えない
  • 将来に不安がある

etc…
理由を上げればきりがないと思いますが、共通する点は将来の不安が最大の理由なのかもしれません。
これはとても複雑で何か一つを解決したからといってよくなるものではないと思いますが、各自の努力と信じる心が必要なのかなと感じます。

例えば、よく、団塊の世代の方が仕事を辞めないから新卒や若者に仕事の枠が与えられない。零細企業ですと、能力のある中途採用をしてしまうため新卒を取る余裕がないなどがあるでしょう。でも例えば団塊の世代の方がやめたからと言って本当に新卒が採用され経済が回るのでしょうか?そんなことはありません。やはり中小零細企業が即戦力を求めている理由は会社をうまく回すためです。だから団塊だからどうこうではなく、能力のある人をとるということをしているだけなのです。

そしてこれからは本当にグローバル化がどんどん進みますので日本国内の人材だけではなく海外の優秀な人たちと仕事の場を争わなくてはいけない時代がやってきます。

今はそういった悪循環でキャッシングする人もいる当サイトによせられるキャッシングの体験談を見させて頂くとそういった悪循環で失敗したキャッシングの経験もあったりします。
おそらくいまの状態ですと、高齢者の方に安心を与えお金をどんどん使ってもらうということは不可能なのではないかと。どちらかというと、金融緩和で本当に必要な企業にお金が届き、そのお金を投資しうまく経済がまわってくれることを期待します。そういう政策もマニュフェストに書かれていましたので実行をしてくれることを期待します。
キャッシングで失敗してしまった人というのは今の経済状況が間接的な理由になっているということもあるでしょう。金融緩和という政策がめぐりめぐって、必要な時にだけキャッシングはありだと思いますが結果的にキャッシングが必要のない社会へなればとても良い日本に生まれ変わっているのではないでしょうか。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談