金融事故がある人はキャッシングできるのか?

金融事故があるのですがキャッシングでお金を借りることは可能なのでしょうか?こういう質問をされる方がたまにおられますので、ここに書いておきたいと思います。まず、その前にキャッシングでいうところの金融事故とはなんでしょうか?

返済の遅延等を繰り返し滞っている方などをキャッシング会社側が金融事故と呼びます。実質サービスと直接関係なくても、キャッシングを利用後、自己破産等、債務整理を行っている人も金融事故を起こしている人という扱いで取られるかと。こでいう金融事故はキャッシングの返済の遅延等について言及していきます。

まず早めにいっておきますが金融自己を起こした方はキャッシングできないと考えたほうが無難です。無職の方がキャッシングをすることが無理なようにいや、それ以上にこういった事故は悪質に見られることもあるでしょう。但し、事情がありなんらかな形でどうしても返済日に返せない事情があった場合は電話で相談して返済の金額や回数などを相談することもできるので早めにキャッシングサービスと相談をしておくべきかと思います。

何社からも借入・遅延を何度も繰り返す悪循環は避けよう

何社からもキャッシングを既にしている方でさらに他の業者に申込をしようとしている方はいたりすると思います。そういった方は無審査のキャッシングなどを探したりしてしまうそうですが法の下で正しく運営しているそういった業者は実在しません。いたとすれば間違いなくヤミ金融です。

ヤミ金融とは?根本的に金貸しってなんなのかを考えてみる

ヤミ金融、悪徳な業者に注意してください!このように注意喚起している団体などは多いですね。実際のところヤミ金ってどんな業者なのでしょうか。所謂TVドラマなどで出てくる風貌の悪い男たちが小さな事務所で開業しているようなところであれば、見た目でもしかしたらヤミ金融かもと判断出来るかも知れませんが、今は見た目だけでは判断できないのが実際の所だと思います。

知らない知名度の低い業者からの借り入れは避けることが得策だとおもわれます。
例えばですが、金融庁のWEBサイトにて設置されている 「登録貸金業者情報検索サービス」を利用し、きちんと届け出が出されているかを確認し、こちらで検索されない業者は無登録業者と判断できますのでまずアウトという判断ができるかと思います。
ただしこれに登録されているから安全というのも少し安易な考えになってしまうかと思いますので参考までにされたほうがいいと思います。

根本的に金貸し(キャッシング、ローンなど)ってどういうものなのだろう。と考えてみた方がいいと思います。といいますのは、当然、キャッシングサービスなどはビジネスで行われています。そしてキャッシングサービスというのは「金利」をもらわないと成り立たないサービスであるといえます。金利にも制限があり年々と引き下げられる年率でサービスを展開していけるのは資本力のある会社しか不可能であるといえるでしょう。

3年、5年などのスパンでようやく利益が出るわけですから、資本が少ない業者ですとそのお金自体を貸すことができないわけです。そう考えますとやはり、いわゆる上場企業、銀行系の業者、有り余った資本を回すことが出来る会社しかできないサービスといえるのではないでしょうか。そういった観点から考えると、「低金利」での融資は資本力があるところしか提供できないといえると思います。

少し題名とそれましたが、ヤミ金融をさけるのはこれが一番ではないかと思います。どうしても知名度の低いところから借りなければいけないということが起きてしまった時当サイトにそれを止める権利は残念ながらありませんが、先ほどご紹介した検索を一度使って頂いて最低限登録がある業者にしてください。

まとめ
事故に関してはそれほど深い情報は明確に手に入れることが出来かねるためあれなのですが、それほど常習犯ではなくたまたま1回返済を忘れてしまったとかでも記録としては残ってしまう可能性はあるかと思います。なんどか説明していますがキャッシングサービスというものはお金で金利を取ることが商売ですので当然と言えば当然ですが遅延というものはそれほどデリケートなものと思っておいたほうが良いかと。

本当に悪気がなく経済的にも問題ないのに返済が遅れてしまった。。。でも審査ってとおらないの?という方は一度悩む前にお申込みをされてみるといいでしょう。記録として信用情報機関に残っているものがいいか悪いかは業者さんの判断になると思いますので。きちんと計画的に借り入れをして返済もきちんと行うようにしましょう。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談