お金借りる不安の正体は何者なのか?

怖いなら借りるな!は正解ですが今お金が必要だからキャッシングをしようとしているわけで、そんなことをいってしまったら根本的な目的を見失っているのと一緒です。キャッシングは目的を達成するための手段の選択肢の一つでありキャッシング以外になにかお金を借りる方法があるのであればいいのですが、キャッシングしか選択肢がないという場合は借りてしまおう!とはいいませんがまずその不安が何者なのかを考えたほうが建設的かと。

お金がなくなる不安の正体は「衣食住」の不安に直結しているから?

キャッシングをする事になぜ不安を感じたのか?それは世の中の情報によるものだと思います。キャッシングのイメージの兼ね合いもあるのでしょうが、根本的な不安は「お金がなくなる」事ではないでしょうか。現代は綺麗事が言葉の通りキレイに扱われる時代で、お金がなくたって生きていけるとはいいますが、生活費が底をついた場合「衣食住」を失うことになります。国のライフライン等があるので実質的に死を意味してはいませんが社会的には肩身の狭い状況に追い込まれるのです。これが恐怖の根本的な正体ではないでしょうか。

モノは使い様で「キャッシング」だって普通に返済をすればいいだけの話。例えば車だってそうでしょう。とても便利な乗り物なのに人間の理性を失ってしまったら凶器にもなる可能性があるのです。キャッシングが不安という方は、どちらかというと、しっかりしている人が多い気がします。借りすぎてしまう人の特徴は理性が聞かず不安に思わず気がついた時に借りすぎていた・・・という方が多いのかなと言う印象です。
不安を感じるということは、一見ネガティブな聞こえ方ですが、優秀な危機管理が出来ている証とも言えるのではないでしょうか。
実際に借りてみたら「不安」がどこかへ行ってしまった。。という方たまにいますがそういうことなのかな。

未成年の方で「たばこは非行の始まり」という言葉を誰かが言っていましたが、それと少しばかり似ている面はあると思っていてあくまでも枠組みで考えた場合ですが、お金を借りるということを知ってしまうからです。
煙草からイメージの連鎖でヤンキー化ってやつですね。でもこれも実は客観的なイメージがほとんどなのかなって思います。

自己管理がとても重要になってくるというか、借りた後の自己管理が全てかなと思います。

TVドラマとかの失敗した人のイメージが頭にあり不安

もう一つ考えられるのが、世の中のイメージ前面でキャッシング会社がTVドラマや漫画などで大袈裟な取り立てとか、借金生活で苦しんでいる人達のイメージを連想させてしまうからとかがあるのかなと書いていて思いました。
ま、借金が膨れ上がって生活に支障が出た類の話はやはり自己管理次第なんですが、取り立てとかはまず心配しなくていいかなと。ただやはり始めてですとどこを借りるかわからずマイナーなところから借り入れをしてしまい失敗する方もいるでしょう。絶対ということはないのですが当サイトでは、はじめてでどうすべきかわからんよ。。。という方にはまずは無利息系のサービスをやっているところ。例えばプロミスレイクなどを考えてみてはという提案をしています。

無利息といっても一定の条件などがあるのでご注意ください。それか不安ということですので安心感という意味ではやはり銀行系のキャッシングをおすすめしてまして例えば三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックみずほ銀行カードローン等がそれにあたります。

もちろん無理に借りることほどバカげたことはないのでもしキャッシングしか選択肢がないという方は今回の記事少しでも参考になれば幸いです。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談