個人の貸借に上限金利がある?キャッシング業者との違い

友達や知り合い同士の個人間でのお金の貸し借りでいちいち契約書や念書なんて今後の付き合いに歪みがでそうで口約束で金利○%なんて数字は気にせず貸したお金にいくらか乗せて返すとか食事をご馳走とかでお礼をする一般的かなと。実は個人同士のお金の貸し借りにも「上限金利」があるのをご存知ですか?

関連Q&A:個人でお金を貸して金利を取るのは違法?

厳密にいうと109.5%が上限

こんなに金利を請求することはありえない話ですが利息制限法ではキャッシング業者の場合は遅延損害金などで~20%までが上限金利の設定があります。個人では出資法によると109.5%が上限と定められているのです。

あくまでも出資法による数値で争うことはないかと思いますしこんなにばかげた数字を要求する時点でそれ友人ではない気もしますがね。きちんとルールがあるんですね。

200万円借りた場合ですと1年12回払いで計算すると利息だけで220万円でまさに火の車…漫画の世界です。ま個人で200万って貸す金額でないですし友人・知人でもない個人からの貸付は借りるべきではないかと。もし、借りたとしたら取り合えす事も可能かと。(このあたりは弁護士さんに相談を)

これらの数値は普通に考えればとりすぎという数値で個人間の紛争が起こった時に知っておけば法律違反だと指摘できるのかなと感じましたので共有させて頂きました。この数値は当然ですが利益目的でやった場合は当然違法です。

ヤミ金融等がこの数値で貸してきたりしたら違反です。といいますか20%を超えた場合はその時点で利益目的の業者の場合は違法ですので絶対に借りないようにして下さい。

なんども出ているキーワードですが大手から借りればそういった事は気にせず安心かなと。

キャッシング会社(お金を貸す側)はここまでは○○%でないといけないという取り決めを順守していますので、借り入れ金額に比例した金利をざっくり案内しときます。

<借入金額:年率>
  • 100円以上:15%
  • 10万円以上100万円未満:18%
  • 10万円未満:20%

この上限がルールで後は会社毎に金利を他社に負けないように低く設定したりと異なってきますが大体の場合小額の融資の場合はその金融会社さんが 上限で設定している金利をとられると考えた方がいいかと。例えば5%~17.8%といった実質年率で提供をしている場合は 17.8%になる確率が高いという意味。なので金利が安いところにしたい!と考えるのであれば ○○%~■■%の部分で小額の場合は上限が低いところ 高額(数百万円)借りる場合は下限が低いところを目安にするといいかもです。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談