卒業旅行と新社会人の奇門3月4月のキャッシングにアドバイス

3月は社会人の方は年度末でバタバタ、学生の方はお休み中、この季節新しい進路を決めた方は色々と記念作りに旅行やレジャーを楽しむ時期。特に大学生の方で卒業をする方は友達と既に旅行の計画を立てたり既に旅行中の方も多い
かな。イレギュラーな出費で貯金では足りない!前もってアルバイトで稼いで置いたとかボーナス未使用で貯めとけ無かった学生さん社会人の方向けにちょっとした注意点を書いておきますのでご興味ございましたら。

関連記事:夜間大学生キャッシングで長期の卒業旅行へ

計画性と理解をすることが大切

人間に開発された悪意のないシステムは理解をすれば安全でキャッシングも仕組を理解すれば便利なツールになり安易に使うとナイフにもなります。学生で卒業旅行は一般化していますが金銭面では半数以上がつらい、うまく工面しなければいけないというのが現状ではないでしょうか。数万円なければ学生最後のイベントが台無しに。。という緊急性を要している人もいるかと。

始めて借りる場合はどのくらいの金利がかかるものかを理解、納得して借りましょう。

審査前にいくら借りれるかの把握と返済日数を10日くらいは検討しよう

具体的には検討期間をしっかりと設ける事が大切。よく事前準備をしようぜ、計画立てようぜという話はしますが、キャッシングは急ぎで即日キャッシングをしてしまう人が多いです。返済能力が高い人ならいいのですが学生はこれやらないほうがいいかと。10万借りている事実があったとしてもなんとなく返せるでしょと考えている人と1年間月1万以下の返済で完済できるというイメージを持っている人では今後の行動が変わります。キャッシングは本来無いお金が手元に簡単に手に入るサービスなので現実の返済を意識していない人は良い面だけ見てしまい実質的な返済キャパ超えて限度まで借りてしまうケースがあります。
最初の10万は全然問題ありませんが、意識をしておくだけで今後のお金との付き合いが変わるのではと考えています。

具体的にどうやって確認すればいいのか?簡単です。

業者が提供しているシミュレーションツールを活用する

各社サービスサイトに行きくと、ほぼ1ページ目に「返済試算」ができるシミュレーションツールがあります。匠ちゃんも計算便利ツール作ったりしてますが、キャッシングの返済方式は各社若干異なるのでそのサービスが提供するツールを使うのが一番合理的です。サービス提供元のツールでもあくまでもシュミレーションなのでぴったり正確という事はない可能性もありますが、ある程度の目安を知ることができます。

返済試算結果は可視化されているので眺めてみると、これなら簡単に返せそうだ、難しいかもと純粋な感想が出るでしょう。その感想には純粋に従ったほうが良いです。
また、学生とお金は不安定な部分が多いので検討期間は10日間くらい考えたほうが良いと匠ちゃん的には考えています。社会人は安定した給料が入り、20万でも15万でも各自が毎月使うお金を持っていて毎月消費します。自然とお金を消費する感覚が身についていると思いますが、学生はそうはいきません。納得してから借りるを心がけるには最低10日間は必要なのではと思うのです。

ツールを利用し、納得した場合は借りて下さい。もし、ちょっと厳しいなですとか、返すのになにかひっかかるところがある場合無理に借りるのでなく他の方法を探すことをお勧め致します。

キャッシングで注意した方がいい点としては目的(今回の場合は卒業旅行)があって借りるのは便利なサービスなのでいいのですがこの納得というところが重要ではないかと最近考えています。失敗している方の事例を見ると借りること自体に何の抵抗もなく借り続けてしまうという傾向があるんですよね。

4月晴れて新社会人はお金が湯水のごとく流れる季節

新たな門出、卒業旅行に無事いって思い出作りが出来たそのすぐに新社会人の季節4月がやってきます。今学生の方も4月はこれだけ出費があるという点をまとめておきましょう。

・送別会の出費

3月ですとそろそろということもあるかと思いますが、他の会社に転職が決まったと突然言い出す方も多い季節でしょう。当然そんな時必ずやらなければいけないのが送別会ですね。例えば狭い業界であれば、今ですと横のつながりも大事ですし仕事以外で、信頼できる人間関係があるのであればそんなことも関係なく送別会はするものですね。送別会は突然やってくると思っておいた方がいい季節かもしれません。

・お花見、飲み会諸々

通年通してかもしれませんがお花見の飲み会がありますね。居酒屋さんではないので場合によってはちょっと痛い出費になる可能性もあるでしょう。お花見などは突然っやってくると考えておいた方がいいかもしれません。

・新入社員に対しての出費

お金だけではないですがもしも仕事で新入社員の指導などを行う場合は、ノミニケーションという言葉もあるくらいですからそういった指導は必要になる可能性がありますね。仕事を教えることは教える側の勉強にもなると思うのでこのあたりけちりたくはないというのが管理人の持論ですが、結構痛い出費になるかもしれません。

新社会人の方一番痛い出費:引越し代金、準備資金

やはり仕事が決まったということでまずかかる可能性が高いのがこれ。非常に痛い出費だと思います。社会人になって身だしなみに気を付けるとか、ビジネス本を買って勉強するとかインターネット、PCを情報収集のために買わなければいけないとかいろいろと考えることが、新しい生活をスタートされる方には必要でしょう。

どちらかというと、これはすでに考えていなければいけないことと思いますが出費が重なるということがあるので金欠になってしまう方も多いのでは?例えば、来年社会人になる方はこのあたりも加味して計画を立てておくと良いかも知れません。

んま、キャッシングだけではキツイよね…。今の社会親御さんにいかに助けられないと生きていけない、巣立てない世の中なのかある意味新社会人になっとき思い知らされるんですよね。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談