銀行のキャッシング金利と銀行口座預金の金利の関係性

銀行は預金を投資している。投資は例えば企業や個人の住宅ローンなどですがこの金利が高くなってしまうと今の不況下ではそのローンを返済する体力がない人ばかりです。借りる側は今できる限り低い金利を求めるのは当然ですが
金利が下がれば下がるほど、銀行側の利益は当然減り預金しているユーザーに金利のキックバックが減るのです。

知っておくとお金の見方も変わるのかなと思うこの関係を匠ちゃんの知識範囲にはなりますがご参考まで記載したいと思います。

銀行や消費者金融が扱う金融商品とは?

金融商品と聞くとなにそれ?という反応が自然ですよね。実はキャッシングは数ある銀行が提供する金融商品の中の1つになります。元々、銀行がキャッシングで一般の方にお金を貸す事ができるのは最初にお伝えしたとおり「預金」がないとできないわけ。日本の預金金利は悪い意味で超低金利の0.01%くらい。結構普通に感じるかもですが世界と比較するとありえないほど低い金利。

キャッシングサービスは4.5%~18%程の金利で一般の方に貸付しています。キャッシングの歴史~起源と直近10年の減少傾向について~の上限金利の歴史の過去の金利と比較すればかなり金利が下がったという印象ではありますが今までが取られ過ぎていたという面もありますが当時はバブル景気に隠されていた面もあったのではないかと。

バブル絶頂期は成長率が凄まじかった為、お金を借りたい人達(需要)が圧倒的に多型んですね。彼らの借入動機は投資、上限なく価値が上がるだろうと勘違いした不動産の購入等でした。当時は今では考えられませんが、今1,000万円の物件が1年後には2,000万円になる確率が高いから、どんどんお金を借りて資産を作った方が良い。という考え方の人が多かったのでしょう。結果的に貸す側は金利を高くしても良いかなとなりますわな。金利を高くし儲け、それを投資する。借りる側も設けて返済するという良い循環ができていた。そんな時代が~くるといいですね(願望)

が、そんなには甘くなかったというのが今の答えかと思います。

確かに経済的な面のGDPからするとそういった激しいお金の循環で景気がよくなるということになるのでしょう。ただこれはお金がうまく循環すればの話です。言うまでもありませんが物事に限界はあります。
それましたが、高金利であればいいというわけでもなく、低金利過ぎてもいいというわけではないというのが答えだと思います。

話を金融商品に戻しましょう。銀行が扱っている商品は沢山ありますが身近な物は以下みたいな商品です。

「キャッシング」「カードローン」

一番表記が多いのがキャッシングとカードローンかと思います。これどう違うのという質問を良く頂きますが厳密にいうと支払方式が若干変わったりする程度です。どちらかというと小口融資ですぐに借りれるというサービスはキャッシングですとかカードローンという表記にしているサービスが多いと思います。

ただ、小口といっても~500万円までの商品も沢山ありますので大抵のキャッシングやローンでも幅広く利用が可能かと。多くある商品の中で一番利用されていて柔軟な金融商品といえるため、このジャンルはとても提供している業者が多いです。だから選ぶのが困難(難しい、どれを選んでいいかわからない)といった形にになるかと思いますが当サイトで紹介しているキャッシング会社で選べば問題ない!と思いますよ。

カーローン

車を買う時に組むローンですね。カーローンや自動車ローンと呼ばれています。車を買う時に紹介されたりもすると思いますが金額的に普通の限度額が高いローンであれば組車のローンをする為にローンを組めばある意味カーロンになるのかなと。

おまとめローン

複数の消費者金融からキャッシングして高い金利を取られている時にこれを使う人が多いと思います。でも最近は「おまとめ」という表記が減ってきたかな?

ビジネスローン

普通のキャッシングやローンと若干種別が異なるローンです。ビジネスと表記されているローンの特徴としては、事業者限定、つまり個人事業主や経営者がビジネスの運営資金の為に借りるローンになる為、お申し込み資格が個人にはないという金融商品になります。比較的金額が大きい額になると思うので、低金利の商品が多いです。

住宅ローン

今回紹介させていただいた商品の中で一番審査基準が厳しい金融商品と言えるかと思います。勤続年数や会社の規模、給料等々、審査で見られるところは多いです。当然、お家を買う為のローンなので借り入れする額も大きくなりますから審査はそれだけしっかりするでしょう。住宅ローンは数十年単位で借り入れする人が多いと思います。返済期間も非常に長い期間になる為、金利は1%を切るものもあります。

以上、銀行ってこういう商品を沢山扱っていてるんだよ。って話でした。

参考:キャッシングで失敗しないスマホ完結業者でお金を素早く借りる!
参考:銀行系カードローン人気ランキング

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談