サラリーマンはつらいよ:お小遣い足りずにキャッシング

仕事仲間や取引先と飲みにいったりちょっとした日帰りの旅行やゴルフに行く事は社会人の付き合いであり気の向いた空いてであれば息抜きになりそしてビジネスに繋がるチャンスでもあります。

営業だと人と会う機会が多いですがネット関連などのPCに向き合ってカツカツと仕事をするWEB系の知り合いに多いのですがあまり人に合わないから敢えて時間を作り、合うようにしている友人がいます。その彼が、金欠になりキャッシングをしてでも取引先の飲みを優先したという話を聞きました。すごいなーと。たぶん将来大物になるんだろうなと感じました。他にも結構大手勤務なのにキャッシングした新卒の若い子の話とかを聞き意外とキャッシングしている人っているんやなーと思ったのでそのあたり書きます。

身を削ってでも将来の可能性に投資するリーマンは偉い

なんでだろう?と疑問におもいました。その知人達はそこそこの企業に勤めていて給料も直接聞いてないですが匠ちゃん推測で給料が普通の人よりも良いに決まっている!くらいの企業人が何人かいた為。(5~6人)
疑問に感じた匠ちゃんは彼らの共通点を考えてみました。

共通点はすぐに見つかりました。そう、彼らは既婚者だったのです!おこずかい制度で外せない予定での金欠?→キャッシング

仮説を立て友人に再度聞いたところこう答えたのです。

「いや~パチンコでまけちゃってさー。こずかいパチンコで負けたからくれよっていうとうちの怒るから。。。まちょっと仲良くなりたい取引先との飲みにだったし、嫁に前借りするならキャッシングかなーってさ」

ビンゴでした。匠ちゃんの知人だけでも同じ境遇の人が数人いるのであれば世の中わんさかいるのでは?と思いネットで調べてみると…ビンゴ!newsにもそのような過去ニュースがありました。
※2014/03/25:ニュース記事が削除されていたので一旦削除致しました 既婚者はつらいですね(汗;)

身を削り?いやパチンコはどうかと思いますがね…。少ない小遣いで飲み代を捻出するサラリーマンはまさに日本の宝ですよ。パチンコの動機も勝ったとしても取引先と飲みとかに言って仕事に繋がるからって言ってました。ホントかどうかはわかりませんが、ドアトゥドアで家から会社を行き来する男は解消ねえと匠ちゃんは思うんですけどねえ。

主婦の方旦那のお小遣い上げたほうが将来出世しますよ

サラリーマンの平均のお小遣いは3~5万円くらいでしょうか。安く済ませても、1回の飲みで4千円くらいだとしてすぐなくなっちゃいますね。金持ち取引先が奢ってくれるかもしれませんがいつも奢られるじゃあ面が立たねえってもんよ。平均の倍くらいドンと与えてやってく出せえ。あえて江戸っ子風に言ってみましたが深い意味はありません。

額だけじゃないでしょうが、倍与えるだけで取引先との飲みに行ける確率はぐんとあがりますのでテストで半年とかやってみてはどうでしょう。
給料に反映されてきたら上手く言っている証拠になるのでは。

関連:サラリーローンとキャッシングの違いって?

つうか給与に比例したお小遣いUPの設定はすべきじゃない?

正直、このサラリーマンつらいよ問題って奥さんも損している可能性が高いと匠ちゃんは考えていて、男って稼ぐこと本能的に嫌いな人ってそんなにいないと思うんですよ。
でも、稼ぐってモチベーションが必要で、キレイごといえば、家族の為に稼ぐとも言えますが、まあそれはそれで、稼いだら自分で使えるお金は絶対欲しいわけですよね。

例えばおこずかい3万で、副業で月100万稼いだとなった時、小遣いが+1万とかだとはっきり言ってモチベーションは上がらないです。これ当たり前。
奥さん的にそこはケチらず半分の50万なりを小遣いにしてあげればですよ。家庭に50万入り、継続して家計は安定するっていうほうが自然ですよ。

実際大黒柱が月3万なんて生活じゃあ上に立つ重要なポストにつくのは難しいです。現実問題、会食は絶対ありますし3万じゃとても…。

卵が先か鶏が先かって良く言いますけど、それに似ていて10万が先じゃなくても給与に会ったお小遣いのアップを契約で結ぶとかするだけでも世のお父さん方はモチベーション上がるのではないでしょうか。

そもそも論としては、結婚前に家計の約束事はしておくべきですね。はっきりいって世の中のお父さん方は、働きアリで家族の為だけに稼ぐって結構異常だと思いますよ。
世の中の情報に洗脳されていると言っても言い過ぎではないと匠ちゃん的には思うんですよ。そろそろお父さん革命でもおこしてもいいのではないかと。(嘘ですけど)

参考:競馬に競輪、ボートそしてパチンコとキャッシング

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談