こどもの習い事でキャッシング・ローン?“今”が大事

今回は親御さん、御爺ちゃん、御婆ちゃんの立場で子供、孫の為へお金をどう使うのかの理由を考えてみたいと思います。

教育の為にキャッシングとローン

先日、孫世代に1500万円まで非課税というニュースが飛び交っていましたね。国的にはおばあちゃん世代の貯蓄を使わせる戦略とてもいいと思いつつ、団塊の世代以降の年代の方々はお金があるとは言われてはいるものの、同世代で金なしという方もいそうだなと思いました。好きなだけお子さんに投資をできる方もいないのは事実かと。なんとか教育、習い事はしっかりさせたい。こういうのも一つの理由かなと。

例えば以下のような習い事
  • ピアノ
  • 水泳
  • 少年野球
  • 学習塾

etc
習い事は毎月月謝制なので習い事を始める時にローンは計画性がなく本当はお薦めできないですが「お子さん」となると、その年齢でしか出来ないこともあり我々大人とは違いお金を節約すればいいという物でもない気もします。既に習い事等で出費がかさみ事情があって2~3か月分を賄う為とかの理由があるならキャッシング・ローンをして新たな子供への投資はすべきなのでは?

テニスやフィギアスケート等のスポーツは英才教育でお金がかかるは常識

金をかけてあげれば絶対に良いという話でもないですし、貧乏だからこそ、良く観察し親に気遣いが出来優しい子に育つケースだってありますから習い事にお金をかける事がすべてではないですね。
しかし、いくつかのジャンルに関しては英才教育をしないと未来が無い可能性もあります。テニスやフィギアは3歳くらいから始めるジュニアが多くほぼこのくらいの年齢から始めないと世界最高峰の選手になることは難しいです。

いやテニス選手にするつもりはないので。。。勿論それはわかって言っていますが年を取ってからお金をかけても無駄な物ではなくできるだけ幼少期の頃に身につけたほうが良い事柄に投資をされてみてはいかが?という話です。スポーツは分かりやすい例でしたが、例えば「英語」なんかは多くのファミリーで取り入れていますね。匠ちゃん的にお薦めはプログラミング言語かな。これからの世の中プログラムできる子は強いです。いや強いというか英語とプログラムはワンセットで必須能力になる職場がでてきます。子供の頃に触れる事が出来ているのは将来興味が出るかどうかは分からないですが。

匠ちゃんこの話するといつも思うんですが、親御さんが大人になって、子供の頃アレを習わしてくれれば良かったのに!っていう技術1つや2つはあると思うんでそれやらせるのが一番いい気がするんですよね。ま、そんなこと皆考えていると思いますけどローン組んでまで教育に投資するならなるべく汎用性があるものにしたいですね。

子どのも成長タイミングに合わせたお金の使い方が重要では?

先天的、後天的で考えると子供の能力は後天的な物の方が圧倒的に多いですよね。本文で書いたスポーツも天に恵まれた肉体等ナレーションされることがありますが、結局は子供の頃から運動を良くし筋肉だってうまく時期を調整して慎重を伸ばす為にトレーナーさんが調整した等そういった話は良く聞きます。先天的な才能とは0歳から3歳くらいまでに形成された親の努力、愛情なのではないでしょうか。

生活費が無いのに子供の養育費を借金するのは馬鹿げていますが一つ思ったのが、本文のプログラムや幼少期に覚えておくと将来楽になるものに投資をするのがいいのではないでしょうか。匠ちゃんが思いつくものとしては「英語含む語学や音楽(耳で学べるモノ)」小学生くらいから「スポーツ」「プログラム系の言語」は頭に入れておいても良いのかなと思いましたよ。お金には変えられない時間ですからね。

参考:生活費が足りない・家賃が払えないをアパートローンでは間違ってますよ!

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談