その場凌ぎの借金返済に別会社から借入れは駄目!

間違ったキャッシング上位に食い込むのが「借金返済」に追われ利息が馬鹿にならない額になり返済遅延がヤバいので他社からキャッシングしてその場しのぎで返済をするという悪循環。これ繰り返していると奇跡が起きない限り、最終的に破産します。そのサイクル繰り返しているだけで返済する事が目的化して、完済する事を忘れてしまうのでしょう。
返済する事だけが精一杯なら、まず複数の借入をまとめる事や最悪の場合債務整理(できるなら過払い金返)等が検討の道かと。

おまとめローンはわかるけど、なぜ債務整理?

理由は取り返せる可能性があるからです。2010年の6月に改正賃金法が完全施行され消費者金融やキャッシング業者は法律で定められた上限金利に従わなければいけなくなった訳です。「グレーゾーン金利が廃止になった!」と当時大きな話題になりまして、借金の火の車という方は過払い金返還請求ができる可能性があるのです。(弁護士に状況話せばできるかどうかはすぐわかりますので相談をお薦めします)

真面目にコツコツ返済するための環境を整える

弁護士さんに過払い金の返還は無い等確認を取り、それ以外の債務整理もあるのですが匠ちゃんの専門外なので興味ある人は弁護士さんにどうぞ。清算ではなく、コツコツ真面目に返済していくのであればまず環境を整える必要があります。ローンの借り換えや、複数の業者から借りているのであれば一つにまとめ簡略化し金利の軽減を検討するのが先決です。銀行系カードローンであれば高額1,000万を上限としている銀行もありますから、消費者金融から乗り換え可能で金利が下がるならすぐにでも乗り換えるべきかと。但し、審査自体は簡単ではないです。やるだけやって通ったらラッキーという考えでも良いかもですね。

もし借り換えできるのなら収入面の増を努力するのと返済期間を真剣に考えてください。借金を返済していく途中で心が折れないように息抜きも必要かと思いますが、基本は取られ過ぎの金利を少しでも少なくする事の認識です。分割で毎月の返済額が少なければ少ない程当然、完済も長引き、総返済額は積み上げられるだけです。

覚悟を決める事:相談できる人に頼るのは恥ではない

借金しているのをずっと隠している理由にこんな自分は恥ずかしい、申し訳ないという気持ち。これ間違ってると思うの。どうでもいい友達に話しても意味ないのでそれは隠してイイと思いますが、借金のきっかけなんて実は誰だってあるんですよ。責任はあなたにあるのは間違いないですが、責めすぎるのは本当によくない。だから、もし相談できる親とかいるなら相談したほうが良いです。お金を立て替えてくれないか?と。

但し、そこは覚悟を決めないとだめで、借金の一番苦しい部分は、高額になって利子がバカ高くなっている事。銀行が貸してくれればそれも一つの選択肢ですが貸してくれなかったり、貸してくれてもそれなりに取られます。
実際、今の20後半以降の親御さんなんてがっぽりお金持ってる…?人も多いでしょうから貸して貰うのがいい。

金の切れ目は縁の切れ目といいますが、コレ家族でもそうですが、貸すことではなく返さない事、また同じ借金をしてしまう事、コレらはやってはいけません。
覚悟ってこのくらいですよ。利子がつかないで返済できる環境を作ればどれだけ楽になりますか?しっかりと仕事を探す時間も作れますね。もう言い訳できない状況になると思います。
選択肢は色々ありますが、意外と近場に最善の選択があるかもしれません。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談