地域のキャッシング対決「東京・大阪」vs「北海道・沖縄」

地域に根差した特産物やそこでしか取れない食べ物はよく耳にしますがキャッシングにも地域特性は存在するのか?
メジャー地域の比較で匠ちゃん的抜粋をしましたところ、「東京・大阪」は都会グループ。「北海道・沖縄」は人気リゾート系グループとし、この2つを対決させて差を比較していきたいと考えます。
まずは全体的な考察からはじめますね。

地域密着型の消費者金融はマニアックじゃなく危険度が不明

地域密着型の消費者金融って無くはないですが結論的に透明度が低いので全国展開している消費者金融を選ばず敢えてそこいくのは相当チャレンジャーだなと。ミスター消費者金融と呼びたいくらいにチャレンジしている人だなと。いや間違った選択をすると危ないから探す意味なしかと思います。
但し、目的の違いでは地域密着型で学生専用等はあり得ますね。特化していると、全国展開サービスは少ないですし口コミなどで人気のところであれば安全性はある程度保たれるかと思います。

全体的には、何か特別な、有名な業者がいるということはないという結論です。

利便性対決を制するのはどちら?

キャッシングの利便性は“駅近でキャッシング新規申込を希望だと!?”で考察した無人機の設置台数等いいかなと。
某大手で調べましたが、圧倒的に「東京・大阪」の勝利です。というか、東京は圧倒的。主要都市が多いので当然かと言えばそうですが、「北海道・沖縄」は札幌、那覇に住んでいればさほど東京には引けを取らない利便性があるものの他の都市だと無人契約機は車移動する人も結構多そうという見解です。ATMも札幌は強いですね。物価も安いですしこういった角度から見ると消費者金融が人口が多いところは手厚くサービス展開しているのが見て取れます。

都道府県別利用者の統計を探してみましたが信頼できるデータがなく掲載できませんが、比率調べたら面白そうですね。
所得や地域性によってキャッシングの利用率がわかっているのはキャッシング会社くらいなのかもしれません。

日本全国インターネット経由のサービスは平等

申込は今ほとんどがネット経由で行うと思います。大手は24時間インターネット経由で申込可能なので都心だろうが田舎だろうが実は障壁はほぼ変わらずなんですよね。
スマホ経由でもできるので年代的にお金が無いそうでも今はスマホ持ってますからそこに壁は無いでしょう。

まとめ
かなり味気ない戦いになってしまったので次回もう少し調査してのリベンジをしたいと考えています。
おそらく、時代が20年前のネットとスマホが無い時代であれば、無人契約機の数で「東京・大阪」の圧倒的勝利だったかと思いますがネットの普及で利便性の差が縮まったのかと。
結果は引き分けでお願できればと思います。

関連:キャッシングで失敗しないスマホ完結業者でお金を素早く借りる!

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談