キャッシングの必要書類4つと注意点

初めてキャッシングする際にできれば準備しておおきたい書類と、なんで必要なのかを完結に分かりやすくまとめました。これだけ抑えておけばスムーズに手続きできます。

1、本人確認書類は運転免許証の他都合の良い書類を提出

借入額関係なく絶対にいづれか1つ提出が必要です。運転免許証が一般的ですが免許ない人は以下のどれかでもOK。

本人が確認できる書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 公共料金の領収書(最近のやつを求められます)
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

2、提出方法はカメラ撮影・メール・FAX等好きな方法で

提出方法は申込時にネットなのか無人機なのかで都合のいい方法で送ればいいですが、このサイト見てくれている場合ネットでみていると思うのでスマホや携帯で撮影して送信する時の注意点を1個。

スマートフォンなども登場して携帯のカメラの画質はとてもきれいになりましたが適当にとると受け取るキャッシング会社さんが確認しずらくなります。できるだけきれいにとりましょう。上記はガラケーの場合ですが、横撮りで画面いっぱいになる様に取るのがコツです。
文字や顔がぼやけたり、アップのしすぎで画面からはみ出したり縦で撮影して小さくなってしまうと撮り直してって言われて時間を食う事もあるので気をつけましょう。

3、借入額と金融機関によっては必要:収入証明書の提出

いづれか一つ必要になる場合があります。(収入証明書を求められる時って?で詳細を解説します)

収入証明ができる書類
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 住民税納税証明書
  • 給与明細(直近のもの)
  • 公共料金の領収書(最近のやつを求められます)
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書

収入証明書を求められる時って?

収入証明書は、上記いずれか1つ提出が必要な場合があります。消費者金融系の業者で賃金業法の総量規制では年収の3分の1迄の融資が限度になる為借入希望額が50万円を超える場合は「収入証明書」を提出し、申込者あなたがの収入の確認をされます。銀行系カードローンは総量規制対象外商品の為申込時に求められない場合が多いです。(申込後に確認のため提出のお願をされる場合もあります)

4、文字が汚いとキャッシングの審査に落ちるってほんと?

審査書類をチェックするのは機械ではなく人間なので文字の汚いレベルによるとは思うんですが読めないと審査ができない(単純にコレな!)ので文字が汚くて読めない場合は書き直して下さいとお願いをされるかと思います。さっきの写真と同じ事ですが正直これって面倒ですね手書きの場合は常識の範囲内で丁寧に書きましょう。

匠ちゃんもかなーり字がきったないで有名なんです。(身内で)なんでこんなに汚くかけるの?と笑われるくらいですので。。。最近はほとんどパソコンで文字を書いたり、スマートフォンばっかりで意外と同じ悩みを持っている方って多いんじゃないかなーと思いますが、2度言いますが、審査をする方は人間なので文字が読めなければダメです!字が汚いからといって審査に落とすということはないということです。

ネット経由で申込をする場合はほぼ電子で名前や住所、借入希望額の入力を行いますからネットでやってしまえば字が汚い問題は解決するかなと。

関連:キャッシングで失敗しないスマホ完結業者でお金を素早く借りる!

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談