キャッシングは無担保・保証人不要!←が当たり前の秘密に迫る

気軽で緊急時に最適なのは「無担保」と「保証人不要」この2点がかなり大きな要因で、匠ちゃんは商品の比較で「住宅ローン」を引き合いに出すのが好きなんですが、住宅ローンで無担保、保証人不要とかまずあり得ないですよね。

まあ数十万と数千万の差と言えばそれまでではあるのですが、少なくてもお金はお金。

消費者金融や銀行が今あたりまえにやっている無担保・保証人不要はなぜ実現できているのか?その秘密に匠ちゃんが迫ります。

単純に担保・保証人必要っていったら申し込まなくなる?

キャッシング商品は平均的に1万~300万が限度額に設定されていますが、母数が多いのは1万~10万くらいで小銭を借りたい人が多い。また、良い悪いは抜きにしてキャッシング自体する人は誰かに内緒で借りる人が多い為保証人になってもらう人を探すのは現実的に難しい。担保になる勝ちのある物なんて持っていないという状況の方が大多数でしょう。

だから、ユーザーのニーズに合わせて無担保・保証人不要の流れになったのではないでしょうか。引き合いに出した「住宅ローン」は保証人やいざという時の保険等取っぱぐれが無いように計算されています。キャッシングも後で話しますがそのあたりしっかりしていますが、表面的に保証人不要と宣言できるのは、小額だからという面もあるでしょう。多くの利用者に小額貸し付けをすることにより、リスクが分散されて言えると考えられます。
使う側のニーズに答えうまく回っているのですごいなーとしか言いようが無いんですが、でも、どうして保証人不要で提供できているのでしょうか。

「保証人不要」が実現できる理由「保証会社」とは?

保証人が必要ないのはわかった。でも、現実的にお金を返せなくなった場合はサービス提供元困るよなぁ…。実際泣き寝入りするしかないのでしょうか。そんな時に活躍するのが「保証会社」です。詳細の取引内容は、キャッシングサービス元と保証会社によって取り決めされると思いますがどういった役割を果たしているか?端的にいうと例えばAさんがお金が返せなくなった時その保証を言葉の通り保証するのが保証会社の役割。

でもリスク背おって保証する会社のメリットがなくない?そう感じますよね。保証会社はその代りに保険などと同じように掛け捨てのお金をサービス元から貰っている形になります。基本は滞納や遅延があり回収が出来なくなったときにサービス提供元が保証会社に全額を代わりに返済してほしいといった手続きをする様でつまり債権の譲渡という形になるのかと。

保証会社の存在は別にキャッシングする側が知らなくて良いんですがこういった緻密な連携やサービスの循環構築努力により最終的に今手軽に借りる事のできるキャッシングがあるわけです。
例えば賃貸住宅とかだと保証人見つからない場合は保証会社にお願する事とかありますよね。それと仕組みは似ていますが、保証会社にお願いする時って賃貸物件を借りる側が費用を負担しなければいけませんよね。キャッシングの場合はほとんどがそういった負担がないという点がまさに企業努力。まあ言い方を変えますと、キャッシングでトップレベルのサービスは利用者から間接的な細かいお金を取ろうとしていませんので、ライバルがそうなら、B社もC社もそこにお金は取れないという流れになっている。そういった慣習の業界ともいえるのかと。

もし保証人を頼まれたら「保証人と連帯保証人の違い」

「何があっても連帯保証人にはなっちゃだめだよ」と子供の頃口酸っぱくいわれませんでしたか?匠ちゃんの遠い友人の友人は連帯保証人になって借金を肩代わりし自己破産までした話を聞いた事があります。それ聞いて絶対に連帯保証人にはならないと誓いました。

さっきの「保証人」ですが、大手キャッシングであればほぼ必要ないと理解できたかと思いますが資本が無い悪徳金融機関は1万とかの小額でも「保証人誰でも良いから探せ」とか言ってくるかもしれません。あなたはそんなケースないと思いますが、お金絡みでもし保証人になってほしいと誰かに頼まれた時「連帯保証人」になってはいけないという補足です。

圧倒的な違いは連帯責任を負うという事

例えばAさんの保証人になったとします。 Aさんは100万円を借りてお金を1円も返済しません。Aさんにお金を貸した時業者が返済の希望をあなたに伝えてきました。

この場合「保証人」と「連帯保証人」 両方とも借金返済義務があるのでしょうか。このケースでは「保証人」の場合支払う必要はななく、Aさんに対し財産の差し押さえやそれ相応の対応を取り本当にAさんに支払の能力がないと判断できた場合のみ「保証人」は保証をしなければいけなくなります。一方「連帯保証人」は連帯(れんたい)と書きますがその字のごとくで、Aさんがお金の余裕があり豪邸に住んでいて「俺返す気もないし豪邸売るつもりもないんで」という傲慢な態度を取った時、Aさんに返せと言うかわりにあなたに返せという事もできそして実はあなたも返済の責任を負っていることになります。

本来は保証人ってかなりデリケートですしならないほうが良いものですから、キャッシング会社がこのあたり障壁を低くしてくれているのは非常に助かります。
反面、借りやすい故失敗する人もいるのは事実ですのでアレなところもあるんですけどね。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談