オートローンの審査基準について

現在当サイトではオートローン、つまり車を買う時の専用ローンを 紹介していません。専用ローンも適時掲載していきたく思いますが 以下で案内しているとおりフリーローンでも借り入れは可能です。 車を買う際に当サイトで紹介しているローンキャッシングでも勿論 問題ないのでどこがいい?という方は大口ローンもしくは銀行系カードローンの 中から比べてみると良いかと思います。それでは本題のオートローンについてちょっと解説してみたいと思います。

オートローンの種類は3つに分類できる?

オートローンとは、自動車ローンの別名で、実際に融資してくれる会社のジャンルにより大きく銀行グループ系オートローン、販売店オートローン、フリーローンの3つに分類されます。各オートローンにはそれぞれ特徴があり、審査基準も異なってきます。

(1)銀行グループ系オートローン

一般的には、3つの分類の中では一番審査が厳しいとされています。①勤務先の会社がある程度の規模で、そこで正社員として少なくとも5年以上勤務していること、②勤務先の給料の振込先銀行の系列からの借り入れであること、の2つをクリアしていれば審査に通りやすくなります。ただ、新入社員や非正規社員・フリーターの人は、これらの審査基準をクリアするのは難しいのが現実です。低金利であることは大きなメリットで、実質的な金利は数%~15%ほどです。ただし、銀行系列のため審査が厳しくなりがちで、審査結果が出るまでにある程度の時間がかかることが多いです。審査結果が出るまでに1週間かかることもよくあります。

(2)販売店オートローン

販売店オートローンで融資してくれるのは実質的には信販会社ですので、どうしても金利は高めになっています。各販売店により差がありますが、数%~18%くらいが相場となっています。審査基準は銀行グループ系よりもやや緩やかですが、借り入れ金額が事前に予測できず審査後に不足しているということがわかることもあります。 また、ローンを完済するまでは販売店に自動車の所有権が留保されるため、簡単には買い換えができないというデメリットもあります。

(3)フリーローン

フリーローンをオートローンとして利用することができます。審査基準は、銀行の自動車ローン、販売店系と比較すると、フリーローンが最も緩いといえます。 金利面でも、かなり低いものがあり販売店系よりも低金利というところも出てきました。現金を持参して販売店で購入しますので値引き交渉ができますし、自動車の所有権も自分にあるので買い替えも簡単にできます。

オートローン審査のポイント

オートローン審査の主なポイントとしては、次のようなことがあります。

  1. 年収(200万以上が望ましい)
  2. 家族構成
  3. 勤続年数(勤勉に働いていることが評価されます)
  4. 勤務先(安定した収入が見込めるどうかの評価がされます)
  5. 住居形態(持ち家か賃貸かによって評価が分かれます)
  6. 個人の信用情報に問題がないこと(クレジットカード・携帯電話の支払いに延滞がないことなど)
  7. 頭金(多ければ審査に通過する確率が高くなります)

オートローンの審査を受ける際には、以上のことは必ずチェックされるということは知っておきましょう。車を買おうと検討している方はさすがに給料が足りなくて生活ができないなどの状況になっている人は少ないでしょう。一般的な買うタイミングはそれぞれ違うので一概にそうでもないのかもしれませんが、安いお買い物ではないので無理をして買うのは良くないですがそもそもが無理をして買うことができないようになっているとも言えるかもしれませんね。

自動車にローンを組むのは維持費も頭にいれて買うべき

車の維持費を考えずめいいっぱい組めるだけのローンを組んで好きな車を買うのは家計が崩壊してすぐ車を売ってローンだけが残るという最悪のケースになりかねません。

匠ちゃんの友人で高卒で仕事をし始めて20歳くらいに中古車(アメ車)を買ってガス代がはんぱなくかかり、しかも中古でハズレをひいって1年くらいで廃車にした最悪の絵に描いたシナリオをやってのけたひとがいたなあ。

若い頃は燃費が悪い車欲しくなるのはわかるんですけど、300万借りてその一回で維持費かからないなら良いんでうが、保険とかも考えておかないと車が高いアクセサリーみたいになってしまう事もありますからちゃんと考えて買ったほうが良いと思いますよ。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談