カードローンの借り換えのポイントはこれです

カードローンの借り換えとは

カードローンの借り換えとは一般的にカードローンは不意の支出に備えて組む人が多いため、借入れ先も複数になりがちです。ところが、ローンの金利は各社で異なるため、金利計算が複雑になり、毎月の返済額がよくわからなくなることがあります。そこで、融資額の大きなカードローンを新たに組んで、債務を1社にまとめて返済していく場合があります。これをカードローンの借り換えといいます。

メリット・デメリット

カードローンの借り換えをする前にぜひとも知っておかなければならないのが、そのメリットとデメリットです。

(2)デメリット
  • ①総量規制による制限
    法改正があり総量規制による年収の制限が開始されたため、消費者金融等の貸金業者から借りれる金額は年収の3分の1を超えない範囲となりました。
  • ②新たな借入れの制限
    消費者金融等の貸金業者から借り入れできる金額は、総量規制により年収の3分の1を超過できなくなりました。そのため、複数の借り入れを1本化して年収の3分の1を超過する場合には、新たな借り入れはできず返済のみをしなくてはなりません。
  • ③借入残高が増加することがある
    総量規制の制限を受けなければ、借り換え時に上乗せ融資を受けることできます。そのため、借り換え前より借入残高が増加することがあります。

カードローン借り換えの審査

カードローン借り換え審査を通すには、まずは通常のカードローンの審査に通らなければなりません。

  1. 定職に就いていること
  2. 住所不定でないこと
  3. 現在借り入れしているカードローンの延滞がないこと
  4. 過去に3か月以上延滞したことがないこと
  5. 債務整理等の法的手続きをしたことがないこと

以上の要件をクリアしていなければ、審査に通ることはありません。 (2)現在の負債が返済できているかがポイント 現在ある負債が毎月遅滞なく返済できているのであれば、同じくらいの金額であれば返済可能と判断されます。ただし、返済期間があまりにも短期間だと審査が通らないこともあります。最低でも半年以上の返済期間は必要となります。 法改正により貸金業者には、融資の際に指定信用情報機関で信用情報の照会が義務付けられましたので、正確な情報により審査されます。
関連ページ:キャッシングに「借り換え時」は存在する?

借り換えの審査に落ちたら身内に相談?

まず一概になんで借り換え不可になったかを個別にお伝えするのは不可能なのですが共通事項としては借り過ぎor数社のサービスを併用している人じゃないかなと。
当たり前ですけど、借り換え目的は利息軽減のためなんだから、状況次第というのもあるでしょうけど、借りている業者数を減らしていく努力を先にしたほうが良いかもしれません。効率が悪いのは、返済をバラバラにしているから他ならずです。

例えば3社から借りている場合で“1社にまとめたい方や500万以上借りたい方向けの大口ローンの様な銀行の審査落ちをしてしまった場合、既存の3社に合計の借金金額を借りることができるのかを聞くだけでも一歩じゃないでしょうか?NGの可能性は高いでしょうが、既存サービスでも利息が減るかもしれませんしね。

後は地道に返すか、身内にプレゼンするかですね。うちあけて、3社を一社にすればこのくらいの利息が軽減されるからまとめる額を貸してはくれないかと。
実際これができるのが一番ですし、立て替えてくれるなら利息のしがらみから逃れられますし。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談