収入証明を100万円以下迄不要カードローンは本当にいらない?

キャッシングで収入証明を求められるのは平均的にいって50万円以上からになります。急いでいるのに収入証明を発行するのは仕事をしている人などであれば かなり面倒で時間を作るのも一苦労でしょう。
しかし、300万円以下までなら収入証明が不要なカードローン、キャッシングが存在します。三井住友銀行 カードローンです。 極度額300万以内の申込なら収入証明書不要。

現在、収入証明書がどうこうというサービスは改善、改悪もある可能性があります。この総量規制対象外という商品で例えば大きな金額300万を借りるという行為は平均的な核家族とかの世帯収入の方にとって人生のうちでもかなり大きな お買いものをする為に借りると思います。ですからむりくり借りる人も少ないと思うので 収入証明書の提出の手間が省けるというのはかなり良いサービスだと思うんですね。 今後額的に例えば500万円迄可能とか出てくるのかはわかりませんがサービスは 変わるものですし比較してみるとかなり頑張っているサービスだと思います。

そもそもなぜ収入証明を求められるの?

完璧!キャッシング申込時に必要な4つの書類と注意点で収入証明が必要になる時を解説しています。
但しこの総量規制対象外のキャッシングは銀行のサービスが行っています。 銀行であればどこでも収入証明を求められないのか?というとそういうわけではありません。各銀行も詳細のサービス内容は異なりますから、総量規制の対象外といっても収入証明を○○円迄であれば提出をしてくださいね。と一定の金額をもうけています。 これはWEBサイト上に明記しているところもあれば審査後に言われる場合もあります。 ですが、今回紹介したサービスは300万円以下迄!これはかなりすごいことです。

50万円以下であれば消費者金融系でも大丈夫?

状況によっては収入証明は借入後などに求められる場合もあるようですが 50万円以下であれば他の消費者金融やキャッシングサービスでも収入証明なしで 大丈夫かと思います。即日融資を希望で50万円以下であれば即日キャッシングから選ぶという選択肢もあるでしょう。

キャッシングサービスによって若干の異なりはあると思いますが 業者さん指定でこれで大丈夫という書き方をWEBサイトなどで明示しています。 一般的には、「源泉徴収票」「給与明細書」などがそれにあたります。 給与明細に関しては実際にその会社で働いていないと意味がないので 直近3ヵ月以内の明細を○か月分用意してくださいといった形で提出を求められます。

後から提出が必要になる訳で実質“いらない”という業者はありません。審査をする上で年収は必要不可欠な指標ですし、最初に提出をしなくていいのはひょっとすると申込する上でスムーズだからというのが大きな本当の理由かもしれませんね。

所得は増えないからこそ存在価値のある収入証明不要

収入証明不要だから借りて良いという安易な考え方は一番危険でなぜ不要でもOKなのかを先に考えてください。銀行が不要ですよといっているのは借入れ理由の多様性を受け入れる為であって、借りてはいけない人が借りれる為の仕組みではありません。

若い20台前半のフリーターさんが車を買うのは別に自然な事です。都内の人は分からないかもしれませんが田舎の若い方は車が無いと生活に支障が出ます。車を買うにはそれなりの金額しますが地元の一般的価値観と言いますか、ローン組んで買うのは普通だったりする事もあると思います。一例をあげましたが、こういった事例の目的ベースで正当な理由があることは多々あります。全部を総量規制で縛ってしまうと、本来返済できてしっかりと高額のお金を借りたい人が借りれなくなってしまう。だから総量規制対象外で収入証明が不要なローンは一部存在していると匠ちゃんの解釈です。

これを、借金の積み重ねの為に誘導するのは良くないなと個人的には思っているだけなので、は、なんだそのキレイごと?っていう意見もあると思うので申し訳ありません。と先に謝っておきましょう。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談