よくこの金はトイチやからな!と金融映画とかで

よくこの金はといちやからな!と金融映画とかで脅すシーンがあると思うんですが、といちって十一だと思うんですが実際の所どこがどう怖いのかがイメージがつきません。

ただ、イマイチわからないのにちょっとしたお金の貸し借りがあるとき(友達と)これは十一やでとジョークで言う時があります。でもこれって闇金とかだと使わないですよね?ヤミ金とかあるのかどうかはわからないですねど十一のほうがエグいんですかね?よかったら、おしえてもらってもいいですか?

といちは、十一と漢字で書くのはご質問のとおりです。この十は10日を意味し、一は一割を表していると言われています。つまり1万円を借りた場合は10日で1割ですから1千円の利子がつくということになりますね。

これを日割り換算すると1万円借りた場合、1日に100円になりますね。このように分解していくとお気づきになる方もいるかと思いますが、1日1%の利子がつくわけです。実は365日計算をすると365%というとてつもない金利になります。

ヤミ金融の方が。。?というご質問ですが、十一自体絶対にとってはいけない金利ですので=ヤミ金といっていいでしょう。
ちなみにですがWIKIPEDIAのトイチを見ると本当かどうかはわかりませんが複利で計算する悪徳業者も存在するとかしないとか。。。恐ろしいですね。そうなるとありえない金額になってしまいます。

こういった金利のことは知っておくとだまされる確率が減るので良いと思います。勿論、法外ですのでもしもこういった業者に出くわしてしまった。脅されているという場合は弁護士さんに相談などすれば解決をしてくれると思いますが、いざ被害者になると恐怖などが先に来るため、そういった相談自体もできないでいるという人もいるかと思います。ぜひこのQ&Aを見て自分も今似たようなお金を請求されているということがあれば弁護士さんに相談してください。

以上ご回答になります。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談