知人に30万円貸すのって神経おかしい?

とある知り合いからお金を30万円貸してほしいと言われました。理由を聞くと経営をしている人なのですがどうがんばっても30万円足りないというのです。

何に足りないのか?と聞くと、従業員の支払が・・・と言ってきました。
それは、私が30万円貸しても今後もつらいのではないか?と聞いたところ、その給料日後に取引している企業から入金がある。頼める人が私しかいないと言い寄ってきました。借用書も作って頭を下げられ押しに弱い私は30万円を貸してしまいました。お金を貸す私はおかしい人間でしょうか?というのは、これをまわりの友人たちに話すとあまい!いずれ騙されるぞ!といったことを言われるのです。不思議な質問で申し訳ないですがどう思われますか?よかったら率直な感想を聞かせてもらえませんか。

率直に感じたこと。良くないかなと思います。その方との関係性にもよるかと思いますがお金の貸し借りで30万円はちょっと額が大きいかなと感じます。(個人的な感想ですが)ただ、そういった話で管理人の友人の話ですが似たような話がありました。

その人は数十万円を借用書を作って同じように貸したといっていました。そして結果的にはちゃんとお金が返ってきたのですが、そこからしつこくまた何度も貸してほしいと連絡をもらうようになってしまったそうです。

そこで友人は2回目以降はお金を貸さなかったそうなのですが、これは悪い言い方をいいますと1回貸してくれたから次も貸してくれる人だろうと解釈をされてしまうのではないでしょうか?不安材料としては貸したお金がきちんと帰ってくるのか?というところになるかと思います。

個人的な感想としては、たぶんその方はもう一度貸してほしいと尋ねにくるかもしれないと感じました。なのでアドバイスとしては次は貸さないという風にしたほうがいいかもしれません。

お金を貸して帰ってくるかどうかを考えるのは時間の無駄だと思いますので。また、経営をされているとおっしゃっていましたが、そういった時の為に銀行などの融資があるわけで、通常個人間で大きな額は貸し借りはしないほうが無難かと思います。

以上、参考までとなりますがご回答になります。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談