キャッシングでホスト通い!夜の仕事(水商売)の女がお金を借りる理由

みるさん / 女性 / 28歳 / 主婦

私は当時、中国地方の田舎の高校を卒業して、家出同然で大阪に来ました。あてがあるわけでも、友達がいるわけでもありませんでした。働くあてもなく、そういう人が行きつく先っていうのは夜の仕事ですよね。夜の仕事は寮もあったりするので、マンションにも住めるし、これはいいやと思い、しばらく働くことにしました。

私は社交性がある方なので、結構向いていたと思います。

キャバクラを転々として、そのたびに給料も上がって行きました。ヘッドハンティングみたいな人からよく電話もかかってきたんですよ。でも、やはり夜の仕事は歩合制ですし、きついですね。普通の恋愛なんてしてる暇がありません。私はストレスがたまり、そのころからホストクラブに通うようになりました。お目当てのナンバーワンホストがいて、その人に毎日会いたくなって通っていました。

やはり、その人の気を引きたいがために色んなプレゼントとか、いいシャンパンをあけたりしてあげなければいけません。その人が好きだから、それがやめられませんでした。私はその頃結構なお金を稼いでいたので、それでもまだ余裕があるくらいでした。

けれど、人ってどんどんのめり込むとストップがかからないんですよね。そのうちお給料だけでは足りなくなって、キャッシングでお金を借りてまで、彼のところに通うようになりました。彼はとっても喜んでくれましたが、あれはどう考えても愛情ではなかったんですよね。

そのうちキャッシング枠がいっぱいになって、もう借りられなくなりました。ややこしいところに借りるのは絶対だめだっていう歯止めはなぜか働いていましたので、そこで借りるのはやめました。

その決断は自分でも偉かったと思います

そこからです。もうホストクラブにこのまま通うと自分がだめになると思い、ただひたすら働いてキャッシングで借りたお金を返すことに決めました。計画的にきっちり返していったので、割とすんなり完全返済をすることが出来ました。あの時はよくやったよなあ、と思います。今は水商売とも縁を切って、すべてを話しても受け入れてくれた素敵な旦那様と一緒に幸せに暮らしています。

私みたいにちゃんと返していける人も多いと思います。自分さえしっかりしていれば必ずいい方向へ向かうんだなって思います。あれからもキャッシングすることはたまにありますがきっちりと返済しています。安易に借りるということさえなければ、いいんじゃないかなと思っています。

キャバ嬢関連:キャバ嬢お店を辞めて揉めてキャッシングで50万円借りる

水商売を止めるのがホストを辞める近道なのかもですねえ

ホストにハマる女性、キャバ嬢にハマる男性。これ現代日本の闇ですね。
どちらかといえば、男性よりも女性が完全にハマる傾向があるかと思いますが最後の一言で「このままだと駄目になる」というのはホントその通りですね。

大概、お金で通う時点で商品としか見られていませんからね。それが良いと思うのであれば続ければいいですが、そんなことは無いと思いますし。

偏見とかは一切ないのですが、キャバ嬢や風俗系の方はホストにハマる方が多いと思うのですが入口がお金がそこそこあって皆さん興味本位ではじめていったっていう方が多いと思うんですよね。自分達も接客をしているから親近感が湧いたりするのか?分かってくれるからいいのか?男の匠ちゃんからするとこればっかりは「女性の謎」ですが、ホストにハマってたんだよねっていう知り合いに聞くと結構水商売を続けている方が多かったりします。近道的には水商売辞めるとホストも辞める的な因果はあるのかなって思いましたよ。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談