数年前ニューヨークのATMでキャッシング

たまちゃんさん / 女性 / 31歳 / ー

キャッシングをしたのは数年前、ニューヨークに旅行をしたときです。アメリカはクレジット社会だと聞いていたので、よく調べもせずドルをあまり持たずにニューヨークに現地入りしました。飛行機の格安チケットと高くないホテルを予約しただけでの質素な旅だったので、様々な料金がツアー代に含まれているパックツアーでもなく、ブランドショップ巡りをして高級品をばんばんクレジットカードで購入するような旅行だったわけでもありません。

現地の公共交通機関を使って観光名所に行ったり、ミュージカルのチケットを現地で安く購入してミュージカル鑑賞をしたり、五番街やブロードウェイを歩いて気になったお店をちょっと覗いたり、という旅行でした。

バスや地下鉄に乗る、角のカフェで朝食をとる、日本でいうドラッグストアでお買いものをする、観光名所の入場料など、やはりちょこちょことした現金が必要でした。というより、クレジットカードはホテルにチェックインするときだけしか使っていませんでした。

ドルが底をついてしまいました

2,3日で日本から持ってきたドルが底をついてきました。日本円は持っていたので、両替をしようと思い、最初は現地の銀行で両替をしました。もちろん銀行の窓口で、銀行員のお姉さんにしどろもどろの英語をしゃべって両替するしかありません。両替をしたあとで手数料を計算すると、日本の手数料に比べると現地の手数料が意外に高いのです。なんとか両替して手に入れたドルも、やがて底をついてきました。

銀行での両替は手数料が高いので、今度は、とある有名ホテルにあったキャッシング機(ATM)でキャッシングをすることにしました。キャッシング、しかも海外でなんて初めてなのでドキドキしましたが、画面操作が単純明快な英語だったのでしょう。

意外に操作は難しくなく、簡単にドルを手に入れることができました。キャッシングで手に入れたドルで残りのニューヨークを満喫して、1週間ほどの旅行を終え、日本に戻ってきました。キャッシングしたお金は、利息を安くすませるため、日本に戻ってすぐに円で返済しました。

後日、クレジット会社から届いた請求明細を確認すると、現地の銀行で両替した手数料に比べるとはるかに安い利息しか請求されていませんでした。

海外では、現地の両替手数料とキャッシングの利息を確認してから両替をするのがオススメです。ただ、キャッシングしてからは旅行のあいだ中、「帰国したらすぐ返済、帰国したらすぐ返済・・・」、とずーっと気になっていました。

為替の円高円安と換金レート考えると海外はキャッシングが得

ニューヨークだとVISAかMASTERですかね。海外旅行で換金する時は円をそのまま換金すると手数料がとられているので、実はその手数料を考えるとクレジットのキャッシングの方が得だったりするんですよね。たまちゃんさんの言うとおりすぐ返済しないでずっと放置していたら利息つきますから高くつきますけど。

治安的な面で考えても海外で札束持ち歩くわけにもいかないし、匠ちゃん的にはホテルに置いておくのもちょっと怖いなって考える派。例えば何泊かする場合ホテルに荷物置いていきますけど、ベットメイキングおばちゃんが悪い人かもしれませんし。高級ホテルとかであれば、ワンタイム系の金庫に入れておけば問題はなさそうな気もしますけど、チープな海外旅とかだとホントこのお金の管理が意外と大変ですね。だからキャッシングって普通に一つのお金管理手段としては海外旅行時に最適なんですよね。普通に使ってる人も既に沢山いると思いますけども。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談