甘えだらけの主婦リリーさんの100万円以上借金と代償

リリーさん / 女性 / 28歳 / 会社員

キャッシングはダイエットと同じだと思っています。自分自身への甘えが原因。計画的にきちんとした理由があり返済能力があれば別ですが、お金を借りる事がクセづいてしまった私の口癖は「明日からちゃんとしよう」でした。私がはじめてキャッシングをしたのは20歳の頃。クレジットカードを作ってキャッシング枠10万がある事を知り、給料日前で手元にお金が欲しかったので2,3万ほど借りました。来月の給料で支払えばいいかという単純なものでしたが、また翌月も給料日前にお金を借り、あれよあれよという間に10万円は消えてなくなりました。

生活費というよりも遊ぶお金がほとんど

いつもなら給料日前にお金がなかった時は遊びの約束はきちんと断っていたんですが、お金が簡単に借りられるという事で遊び呆けておりました。リボ払いにしていましたので、給料から支払へ消える金額もそれほど多くはないのでお金を借りている、借金をしているという感覚はそれほどなかったのだと思います。クレジットカードは3枚ほど持っていて、10万円の枠がなくなるとまた違うカードでキャッシング。その3枚のキャッシング枠を使いきると、今度は支払が多くなり毎月に明細で現実を突き付けられました。ただ、もう金銭感覚は麻痺している状態でしたので、消費者金融でキャッシングをする事にしました。枠は50万円。

今度は使いすぎないようにと思っていましたが、50万円が使えるというカードを手にするとまた感覚が狂っていきあっという間に使い切りました。その50万円の中から返済に当てたりもしました。借金を借金で返すという負のスパイラルです。これはまずいと思っている時には100万円以上の借金をしていました。ただし、それでも心を鬼にしてお金を借りない、真面目に働くといった事はしませんでした。完全に自分自身への甘えだと今は思っています。更にすべてのカードの限度額が超えてしまうとまた新しいカードを作りたくなりました。ただ支払の延滞等によりブラックになりどこも作れません。おまとめローンなども無理でした。現在の旦那に借金はすべて返済してもらい借金地獄から抜け出せたのですが、今後一切カードは持たないようにと言われております。

私の財布にはクレジットカードは入っておりませんが、すごく落ち着かないのです。欲しい物が手に入らない、お金がなくて友達と遊びに行けない。私は旦那のおかげで借金が一度リセットされましたがそれでも懲りていません。
キャッシングは手軽にできます。

いざという時は大変便利なものですが、計画もなくただお金を借りてしまうのはおすすめできません。その代償は自分が思っている以上に大きいものです。

関連:生活費が足りない・家賃が払えないをアパートローンでは間違ってますよ!

旦那さんと金が原因で離婚になる可能性高そう

たぶん旦那さんは言い方なんだろうなと読んでいて感じましたが正直まだ甘えから抜け出せてないですよね。反省しろと匠ちゃんがいう立場じゃないんですけど反省の色がまったく見えないというのはまさにリリーさんのような人だなあと感じます。

一度リセットするのってすごく大変なことで男の匠ちゃん的意見を敢えて言わせてもらうと普通、借金の立替だとか夫婦だからリセットする為になくなく支払ったというのは内心穏やかではないはずです。むしろ匠ちゃんなら数百の借金を立て替えるのも家族だろうが誓約書を書かせ返済をさせます。

借金をチャラにするとかはあり得ません。旦那さんとどういう契約(約束)で借金をチャラにしてもらったかは知りませんが金は本当に縁の切れ目
になる可能性が高いですね。いや、貧乏生活で一生懸命頑張るとは質が違う話なので本当に失礼かもですが仕事に専念するなり、お金のかからない趣味を見つけるなりして欲しいものだなあと思いました。ある意味麻薬ですからねえ。。ここまでくると。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談