夜間大学生キャッシングで長期の卒業旅行へ

ガリクソンさん / 男性 / 41歳 / 会社員

私は学生時代、キャッシングをしました。当時は地方から上京し、東京で暮らしていたのですが、両親からの仕送りがまったくなかったため、アルバイト代だけで生活をしていました。

私は夜間大学の学生だったため、日中はアルバイトに費やせました。私の学生時代は、すでにバブルは崩壊していたものの、今に比べるとまだまだ景気もよく、時給も1000円以上の仕事もたくさんあり、私などはさらに別に交通費とまかないなどももらっていたのでした。

しかしそうしたアルバイト代も、約半分は家賃で取られてしまうため、生活費を差し引いての手元の残りは、いつもわずかながらのものでした。友人との飲み会などが重なると、手持ちのお金もどんどんと減っていき、何度も違う友人からお金を借りたりもしました。

しかし、そんなことが度重なると、さすがに私も後ろめたい気がして、1万円ぐらいのキャッシングを何度かするようになってしまいました。ただ、1万円を返済するのに、場合によって6ヶ月ほどかけてしまったこともあり、情けない気持ちでいっぱいでした。

大学4年になり卒業旅行の話で

そんな私が大学4年になり、私も含めて周りも就職先が決まりだすと、大学ではみな卒業旅行の話で盛り上がりだしました。私の通っていた大学はいわゆるセレブな人も多かったため、卒業旅行などは親から出してもらうのが大半のようでした。

中にはそれとは別に就職祝いに車を買ってもらった人などもいてうらやましい限りでした。私は就職先は地元だったため、東京から戻ることが決まっていましたが、引越しギリギリまでは一応アルバイトの予定を入れていました。

なので当初は卒業旅行など行くつもりもありませんでした。しかし、社会人ともなると学生のように自由な時間が取れるわけではありません。ましてや結婚して家庭を持つようにでもなれば、ますますそのような時間は減ってしまいます。

私はいましか長期の旅行に行けるタイミングはないと判断し、アルバイトも辞めて、1ヶ月の旅行に出ることに決めました。

友人の一人が放浪に慣れていて、格安チケットの入手方法や現地ホテルの交渉などできるため、彼に任せることにしました。問題は旅費でした。格安におさえても1ヶ月もの間旅し続けるには約20万円ほど必要でした。そんな大金は友人に借りるわけにはいきません。私はこの旅費もキャッシングを利用したのでした。

1万円ですら、やっとのことで返していた自分が、果たして返せるのかと心配になりましたが、社会人ともなれば大丈夫だろうと決意し、初めて大金をキャッシングしたのでした。幸い旅行も無事に終わり、お金も1年かかって払い終えました。借りるまでしても旅行へ行けて、今でも良かったと思っています。

参考:生活費が足りない・家賃が払えないをアパートローンでは間違ってますよ!

1ヶ月の旅はすごい決断だし社会人になっても生きてきそうですね

夜間学生でバイト一生懸命稼いで学校にいくってだけでも応援したくなりますけど、よく1カ月の旅を借りていくことを決断したなあと感じました。
これ体験談の中でも結構TOPクラスの決断だなあ。1週間とかならわかりますが、おっしゃるとおり社会人になるとなかなかまとまった時間はつくれませんからね。1度3~4年くらい勤めて、退職すれば時間ありそうですが名目上は仕事探しとかないといけなかったりですからね。独立して自由を!なんていっても実際は簡単に自由が手に入るわけでもありません。

学生のこの時期は本当に「貴重な時間」が存在していると思います。お金が無いから時間を有効に使えないというのはありますが、借金してでも多感なこの時期に旅に出る。そして何かを得たというのは人間的に魅力を感じますね。

目的で選ぶ
目的カテゴリー選ぶ

キャッシングQ&A

キャッシング体験談